A.A.TH ああす設計室 blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 脇田アトリエ山荘

<<   作成日時 : 2009/10/08 10:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨晩から台風18号が関東を直撃し大雨と強風でどうなることかと思いましたが、徐々に空には晴間も見えはじめ、たまった洗濯物が干せるぞー!と朝から意気込んでおります。
さて、秋の行楽シーズンということで、台風も去り天気にも恵まれそうなこの3連休、皆さんの予定はいかがですか?
昨年の丁度今頃、脇田美術館で開催される『建築ワークショップ Vol.5』に参加するため、軽井沢に行ってきました。ワークショップでは、川添登氏、三沢浩氏、松隈洋氏のゲスト・トークの後、吉村順三氏設計の『脇田アトリエ山荘』の見学が行われました。この山荘は、ワークショップ開催時のみ開放され、1日限りのお披露目ということで総勢150名の参加者が約20名づつのグループに振り分けられ、約20分交替で見学しました。
見学中、中庭で美味しいミネストローネ、アツアツにふかしたジャガイモ、チーズとフランスパン、ワインなどが振舞われました。その日は薄手のコートを羽織っていても肌寒い気候だったので、立食しつつ自分の見学時間がやってくるのを今か今かと待ちわびていましたが、結局、最後から2番目に順番が回ってきたころには陽も陰りはじめ、中庭にストーブが焚かれるほど寒さが増していました。
日中、明るかった内部空間を体験できなくて少し残念でしたが、灯がともり、暖炉に火が焚かれ、天井の唐松が飴色に輝き、床の紫色の絨毯が深みを増す雰囲気はとても味わい深かったです。また、素朴な見かけによらず(?)、温風床暖房の設備室まで備えたハイテクなこの建築では、さりげなく建具の溝に空調のリターンをしのばせるディテールをはじめ、鈍角に折れるプランに合せて設えられた吉村さんのオリジナル家具、深い軒に切り取られた室内からの庭の眺めなど、吉村ワールドを十分堪能することができます。
1階の設備室の外壁に洗い場が設けられているのですが、天端は大人が背伸びしないと届かない高さなので、一体どうやって使うんだろうと疑問だったのですが、竣工当時の写真でウッドデッキが洗い場の下まで伸びているのを発見し、なるほどと合点がいきました。
今年の『建築ワークショップ Vol.6』は、10月24日(土)に行われるそうです。年に1度しか公開されない『脇田アトリエ山荘』は必見です。人数制限がありますので予約をお忘れなく。

詳しい情報は脇田美術館のホームページまで→http://www.wakita-museum.com/event/event/ws6/index.html











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
脇田アトリエ山荘 A.A.TH ああす設計室 blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる