A.A.TH ああす設計室 blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の財政を身体感覚化する(借金編)

<<   作成日時 : 2012/01/14 20:18   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

建築の設計では、必要な数値を記憶することも大切ですが、
数値を身体感覚で理解すること、つまり、実感できるようにするのも重要です。
畳の数で部屋の大きさを実感してしまう日本人にとって、十分理解頂ける話だと思います。

でも、国の財政となると、額の大きさもありなかなか実感できません。
そんな中、財務省のHPを見ていると、国の財政について身体感覚化できる説明を見つけました。
それによると日本の財政は、

「月収40万の家計にたとえると、月々35万円の借金をして家計を成り立たせ、6千万円強のローンを抱えている」ことになるそうです。



さらに、たまたま見ていたあるHPでは、その借金の利払費は、一日あたり272億円、一時間あたり11億円だそうで、標準的な小学校(18クラス)の一校分の建設費用相当だそうです。

何故、日本は潰れないのか不思議だと思いませんか?
実感できるだけに心配になります。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の財政を身体感覚化する(借金編) A.A.TH ああす設計室 blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる