A.A.TH ああす設計室 blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 景観協議からおもう大都市制度

<<   作成日時 : 2012/01/26 10:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

建築行政での二重行政のような話です。

景観法による届出は、その建物が建つ区が景観行政団体なら、その区の窓口に提出します。
しかし、東京都では、大規模建築については、区とは別に事前協議の届出を義務付けています。
その場合、都と区の両方に事前の相談を行い、そこでの指導を踏まえて、都と区の両方に計画の届出を行なう必要があります。
当然、都と区で協議相手も指導内容も異なり、時には相反する指導を受けることもあり正直困ります。
そんな訳で、橋下大阪市長が二重行政の解消を目指して大阪都構想を打ち出したときは、都区制度ってそんなに理想かな?と思いました。



住民サービスという観点から、よりきめ細やかに活動できるよう、区に議会を設置し、区という最小単位に市並みの決裁件を与えることは良さそうですが、制度改革に際しては、合せて建設活動も簡略化できるような視点を望みたいと思います。

ところで、今ある政令市自体も、府県並みの権力を与えようとした特別市制度の代案らしく、横浜など大都市もいろいろ意見があるようです。加えて、その他の政令市、全国市長会、全国知事会など、いろいろな不満・・・・・
上手くまとまることを願います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
景観協議からおもう大都市制度 A.A.TH ああす設計室 blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる