アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「建築」のブログ記事

みんなの「建築」ブログ

タイトル 日 時
ヒルナンデス!「一級建築士のお宅覗くンデス!」出演のお知らせ
ヒルナンデス!「一級建築士のお宅覗くンデス!」出演のお知らせ この度、日本テレビで放送中の『ヒルナンデス!』の「女性一級建築士のお宅覗くンデス!」にああす設計室の葛川かおるが出演することになりました。 既に二十数回を超える人気コーナーとのことで、ご存知の方も多いかもしれませんが、毎回、女性建築士、自らが設計した自宅や実家を、おすすめポイントをおりまぜつつ、紹介していくという内容です。 今回、リノベーションした自宅もしくは新築の実家、どちらかを取り上げて頂くことになりました。 最終的に実家の収録が決まり、先日、アンジャッシュの渡部建さん、SHELLYさ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/19 15:23
児童福祉施設をつくる A
児童福祉施設をつくる A ここ最近7月並みの気温の日がつづき、ついに、我が事務所でも冷房を入れる日がやって来ました。 というのも、今日は朝から、クライアントと打合せの予定があったからです。 今年の初めから、ああす設計室では、社会福祉法人化にむけて、建築に関する準備のお手伝いをして参りました。 ついにそれが実り、本日、業務委託契約を結ぶ運びとなりました。 これから、数年に渡り、クライアントと丁寧な打合せを重ねながら、協力業者と一丸となって、業務を行っていきます。 今回のプロジェクトは『児童福祉施設』。 子供は世... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/12 14:37
雑誌 『日経アーキテクチュア』 掲載のお知らせ
雑誌 『日経アーキテクチュア』 掲載のお知らせ 雑誌 『日経アーキテクチュア』 2017年2月23日号の読者欄にああす設計室の鹿田の投稿が掲載されました。 「DIY建築」について書いていますので、ご興味のあるかたは、是非ご一読下さい。 書店で見つからない場合は、下記ウェブサイトでも購入できます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/22 14:38
雑誌 『住まいの設備を選ぶ本』 掲載のお知らせ
雑誌 『住まいの設備を選ぶ本』 掲載のお知らせ ああす設計室がリノベーションした都心マンションが雑誌 『住まいの設備を選ぶ本』 2017春号に掲載されました。 ワンルームに4人家族が住むという、とても開放的な住まいで、インテリアにはスケルトン(コンクリート)の豊かな表情を活かしつつ、花ブロックやイエローガラス、30ミリの無垢フローリングなど素材感や色彩豊かな仕上げを採用しました。 木目調シート貼りフローリングや壁紙など、イミテーションが多いマンション市場物件との差別化を図り、家族の成長と共に、物や住まいへの愛着が増すような豊かさを目指して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/25 14:35
新年のご挨拶
新年のご挨拶 明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/01 16:35
ブログ開始から10周年
ブログ開始から10周年 早いもので、ああす設計室のブログをはじめて、昨日で10周年が経ちました。 振り返ると、毎年、色々なことがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/23 15:40
現地調査に行ってきました。
現地調査に行ってきました。 今日は、ある学校の現地調査に伺いました。 私事ですが、うちには小学1年生の娘がおり、小学校の和式トイレになかなか慣れなくて、初めは心配でした。 所沢市の学校は和式トイレがほとんどのようで、順次トイレ改修が行われているようです。 先日、PTA役員の選出で、トイレ掃除係というのがありましたが、ママ友達からも、トイレが汚い、臭い、特に体育館のトイレは入りたくないなど、学校のトイレの悩みは子どもだけではなく父兄にも及んでいます。 そもそも、昔のトイレは湿式といって、床に水を流して掃除をする方式で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/10 17:01
地元ロータリークラブの卓話にてお話させて頂きました
地元ロータリークラブの卓話にてお話させて頂きました 昨日、ご縁があって地元ロータリークラブの卓話にてお話させて頂きました。 講演内容は、最近テレビに出ることも多かった、新国立競技場に関係する建築家や設計事務所による建築のお話とさせて頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/18 11:07
追悼−ザハの建築(再掲載)
追悼−ザハの建築(再掲載) 建築家ザハ(Zaha Hadid)の名が、新国立競技場を通して広く日本で知られるようになりました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/04 14:11
Petra Blaisse / case da musica
Petra Blaisse / case da musica 前回は、購入した椅子のデザイナーとして、マールテン・ヴァン・セーヴェレンについてレポートしました。 そこでも紹介した通り、彼は建築家OMAとの協働も有名なのですが、OMAはその他多くの優秀なデザイナーと協働しています。 今回は、その中の一人、ペトラ・ブレーゼについて取り下ろした写真をもとに紹介したいと思います。 下の写真は、ペトラ・ブレーゼが内装を手掛けたカーサダムジカのホール(ポルトガル)。2006年に訪れました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/29 13:10
MAARTEN VAN SEVEREN / Maison a Bordeaux
MAARTEN VAN SEVEREN / Maison a Bordeaux 前回は、事務所の椅子のデザイナーとして、マールテン・ヴァン・セーヴェレンを紹介しましたが、残念ながらセーヴェレンは2005年に他界したため、彼の新たなデザインはもう見ることが出来ません。 そんな中、私たちは、彼がインテリアデザインの多くを手掛けたボルドーの家(Maison a Bordeaux)を訪れる稀有な機会に恵まれましたので、今回はそのときの写真をいくつか紹介したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/26 12:24
MAARTEN VAN SEVEREN / case da musica (所沢新事務所の椅子)
MAARTEN VAN SEVEREN / case da musica (所沢新事務所の椅子) 新事務所の家具の多くはDIYにより経費を削減しましたが、長時間座る椅子については自作というわけにはいかず、納得する製品を買うことにしました。 いろいろ迷った末に、Vitra社の「04」(ゼロフォー)という椅子に決めました。カチッとしていますが、スマートでカッコいい椅子です。座面は硬質なプラスチックに見えますが、実際はしなりのあるポリウレタン製。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/22 10:55
雑誌 『LiVES』 掲載のお知らせ
雑誌 『LiVES』 掲載のお知らせ  ああす設計室が所沢に設計した住宅が雑誌 『LiVES(ライブス)』 2016年 02 月号に掲載されました。 特集 refresh your bathroom 『バスルームを遊ぼう』で取り上げられたのですが、この特集では、タイルを贅沢にあしらったホテルライクなバスルームや、開口をあえて絞ったミニマムデザインの特注ユニットバスなどなど、遊び心溢れるバスルームが沢山掲載されています。 掲載された住宅は、国内外の雑誌でも何度か取り上げて頂いたのですが、バスルームをクローズアップされたのは今回が初... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/17 20:29
2016年 謹賀新年
2016年 謹賀新年 あっ!という間に2016年が明けてしまいました。 今年は、どんな年になるのでしょう。 昨年は、残念ながら、ああす設計室にとって、実のある年ではありませんでした。 私の運勢が最悪だったようで、何故か美容室で髪を切ると、プロジェクトが突然止まってしまうなど、不可解な事件が続きました。 景気が良くなったとテレビなどでよく耳にしますが、工事費の高騰に悩まされた1年で、全く業務に反映されなかった気がします。 とはいえ、こんな時代だからこそ、新たな道を模索することも、大事であると考え、兼ねてからの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/01 00:03
戸畔の家
戸畔の家 新プロジェクト、『戸畔の家』をホームページにアップしました。 相模湖から続く小さな畔道を、戸(家)内を経由し、敷地奥の一段高い竹林まで延長して、家も敷地も畔道に絡め取られながら、新たな湖畔として広がる、そんな住宅をイメージしています。 性能面では、省エネルギー対策等級を4と設定し、熱伝導率の低いドイツの樹脂サッシを用いたり、部屋の用途によって外張断熱と充填断熱をうまく使い分けるなど、高気密・高断熱の設計を心掛けました。 また、構造設計は正木構造研究所が担当。おおらかな大屋根を支える部材をで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/22 12:40
作品紹介の更新のお知らせ
作品紹介の更新のお知らせ 今年は、実際設計などで忙しく、ああす設計室のホームページの更新もままならない状態でした。 ようやく業務も落ち着いたため、作品紹介にプロジェクトをアップすることができました。 ひとつは、コンペでああす設計室の提案が最優秀賞に選ばれた、八ヶ岳自然文化園の野外ステージの雨天時対策に対する屋根設計プロジェクト。もともと、満天の星空の下で、映画を鑑賞するための野外ステージがありまして、その場所に屋根をかける計画なのですが、私達は、ただ単に屋根をかけるのではなく、星空や白樺の風景を活かした、新しい大地の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/12 02:30
どんな土地を買ったらいいのか?
どんな土地を買ったらいいのか? 新しく家を建てたいので、良い土地を購入したい。不動産情報で、条件にあった土地を探そう。予算に合った土地が見つかったので、売れてしまう前に購入しなくては。 ちょっと待ってください!購入の前に、その土地の地盤情報は調べましたか? 最近のニュースでは、「くい打ちデータ偽装問題」が取り沙汰されています。建設会社がしっかり対応していれば、どんな土地を購入しても安心だった筈が、このようなデータ偽装がまかり通ってしまっては、もはや家づくりも人任せにはできません。 ああす設計室では、新築、リフォームに関わ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/14 15:35
総額と内訳の謎
うちの事務所では、ここ数年、あるプロバイダー+キャリアの電話会社の光回線を契約していて、ネット、メール、固定電話、携帯代の請求が毎月8500円程度かかっていました。ある日、別の会社からの電話で、プロバイダーの料金は不要で、月額4500円程度になると聞き、そんなに安くなるならと乗り換えることにしました。 工事も数時間で終わり、ネット回線が早くなる?ということでしたが、あまりその差異も感じられず、特に今までと何も変わらないネット環境。だと思っていましたが、請求書を見てびっくり。プロバイダーの解約を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/06 18:54
大泉学園の魅力
大泉学園の魅力 就職のため上京して以来、大泉学園に12年間住んでいました。駅の南口は今でこそ、高層マンションとショッピングモールで賑やかな印象ですが、昔は全く違って、パチンコ屋と飲み屋の喧騒や、古い商店街があるだけの、どちらかというと地味な印象の街でした。結婚して、所沢に引っ越しする頃、やっと今の姿に一新されて、まるで別の街みたいになりました。あれから、10年、久々に大泉学園を訪れ、人の多さにびっくり。南口が栄えて、ややさびれた北口だっだのに、なんとこちら側にも、高層マンションと商業ビルが出来上がっているではあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/05 21:34
世界一のプラネタリウム
世界一のプラネタリウム 夏休みに、兵庫県姫路市にある姫路市宿泊型児童館『星の子館(ほしのこやかた)』という施設に宿泊しました。安藤忠雄氏の設計で、自然環境に恵まれた桜山公園内にあり、さらに天文台を備えた素晴らしい施設です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/13 18:25
なかまちテラス_人をかわす建築
なかまちテラス_人をかわす建築 妹島さんの「なかまちテラス」に行ってきました。 外観のシルエットは、上に行くにしたがい近隣さんをかわすように内側にたおれ、 逆に低層部は、入館のための動線を確保するように外側に広がり、 来館者をかわしているように見えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/16 11:35
作品掲載のお知らせ
作品掲載のお知らせ 先月、完成したマンションリノベーション、『ハイサイはうす』 。 ようやく、ああす設計室のホームページの作品紹介に掲載することができました。 高層マンション躯体のRC打ち放しをそのまま活かした空間です。 ほぼワンルームの間取りに、30ミリの杉の無垢フローリングを敷きつめることで、より開放感を増しています。 台所流し台側面の花ブロック、トイレ内装のガラスタイル、和室とバスルーム仕切りのイエローガラス、レッドラワンの扉など、素材や色づかいにこだわりました。 ホームページでこれらの写真をアップ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/11 18:28
磯崎新_大分医師会館
磯崎新_大分医師会館 掃除中に懐かしい写真を見つけました。 磯崎さんによる大分医師会館と大分県立図書館です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/03 08:49
建築視察_水 / ガラス
建築視察_水 / ガラス 隈研吾さんの水/ガラスを往訪しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/13 17:35
建築視察_ワイナリー
建築視察_ワイナリー ワイナリーに往訪しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/25 14:36
謹賀新年 2015
謹賀新年 2015 明けましておめでとうございます。 年が明けてから、屋外では暴風が吹き始め、2015年も荒れ模様の予感です。 昨年は、住まいの環境デザインアワード受賞や設計コンペの最優秀賞を頂くなど、充実した1年となりました。 しかし、建築業界は人手不足や材料費の高騰で、工事費の調正に多くの時間を費やした1年でもありました。 そんな暴風にも負けず、私達はこれからも質の高い家づくりを目指し、精一杯頑張ります。 どうぞ、皆様にとっても、充実した1年となりますように。 本年もよろしくお願い致します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/01 15:39
雑誌『C3』掲載のお知らせ
雑誌『C3』掲載のお知らせ ああす設計室の設計した住宅「外・〈外〉・《外》」が、12月の発売の韓国の雑誌『C3』に掲載されることになりました。 みなさま、是非ご覧ください。 詳しくは下記のホームページをお読みください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/08 15:07
建築探訪 立川市役所
建築探訪 立川市役所 立川市役所に建築視察のため伺いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/01 06:00
材料検査(植栽)
材料検査(植栽) 監理中の物件で、植栽検査に行ってきました。 当日は雲一つない晴天で、筑波山を望む見晴らしの良い植栽畑での検査ということもあり、とても気持ちの良い仕事になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/20 09:26
工事費
工事費 最近の工事費について、色々な方面から調べてみたので、まとめてみることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/04 13:07
窓の位置確認
窓の位置確認 設計中の物件ですが、計画案も概ね了承頂いたのをうけ、窓の位置などを改めて現場にて確認しようと、 お施主様と、計画敷地を再訪しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/22 19:01
リノベーションのための現地調査
リノベーションのための現地調査 高層マンションの一室をリノベーション中ですが、その現地再調査に行って来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/01 11:27
美術館を巡る旅
美術館を巡る旅 今年の夏休み、初めて伊勢神宮に参りました。その後、幾つか美術館を巡りましたので、今日は2つの美術館をご紹介したいと思います。 ひとつめは、藤森照信さんの設計で浜松市にある秋野 不矩(あきの ふく)さんの美術館。 浜松と言えば、最近は餃子で有名。道すがら行列のできる餃子屋さんを2件発見しましたが、どちらも駐車場に停められないほど混んでいて、残念ながら餃子にはありつけませんでした。 空は雨模様。美術館に到着したものの、不機嫌な娘は玄関先で微動だにしません。しばらくほおっておいて、一人で 不矩さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/13 02:50
再訪と再考_東京デザインセンター(マリオベリーニ)
再訪と再考_東京デザインセンター(マリオベリーニ) デザインブックス閉店と建築探訪 東京デザインセンターを再訪しました。 かつての職場が五反田だったこともあり、学生時代に初めて見学した以後も度々訪れていましたが、 職場の昼休みに1階のデザインブックスに立ち寄る程度でした。 そのデザインブックスが、この7月をもって閉店したようで、その空き時間を急遽利用した建築見学となりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/08 12:19
アクセス数が2万件に到達しました。
長い道のりでありましたが、ブログ開設からようやくアクセス数が2万件に到達しました。 ああす設計室の情報、報告を中心に、建築探訪、グルメ、子育てなど、思いつくままに掲載してきた次第です。 これからも、引き続き、ああす設計室のブログをよろしくお願いします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/29 18:41
大江宏賞公開審査会
大江宏賞公開審査会 若い人の建築に触れて気分をリフレッシュするため、母校で開催された修士設計の公開審査会に行ってきました。 オーク構造設計の新谷さんや、トムヘネガンさんなど、 別のコンクールで講評頂いた方も審査員として参加しており、 学生に対する講評を聞きながら、自分が講評されたときのことを思い出していました。 審査会後の懇親会では、審査員の方、 約20年ぶりとなる建築学科の先生や同期の友人とお話することができ、たいへん有意義でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/22 10:34
グーグル建築探訪(その2_キーエンス本社ビル)
グーグル建築探訪(その2_キーエンス本社ビル) グーグル建築探訪(その2_キーエンス本社ビル) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/14 10:22
商店建築 掲載のお知らせ
商店建築 掲載のお知らせ ああす設計室が設計した『ノンちゃんのいえ』が「AICA施工例コンテスト2013」に入賞しました。 その結果が『商店建築4月号』に掲載されています。 よろしければ、ご一読下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/05 10:45
新しい名刺が完成
新しい名刺が完成 10周年を記念して、ああす設計室の新しい名刺を作りました。 私たちがイメージしたのは日本を感じさせるもの。 用紙は「OKフロート」。厚みがあり、素材感のある手触りも気に入りました。 色は白というよりもオフホワイト。和紙のような、ざらっとした表面によって見る角度で色の加減が変わります。 ロゴ部分は「ホットスタンピング」という型押しで、光りにかざすと、透けて文字が浮かびあがります。 今回、設立当初から使っていたロゴの「a.a.+H」を、小文字から大文字の「A.A.TH」変えました。 ロゴ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/03 09:45
ああす設計室はおかげさまで10周年
ああす設計室はおかげさまで10周年 ああす設計室は2014年4月2日に、設立10周年を迎えました。 これもひとえに、私たちと共に家づくりをして下さったお客様のお陰にほかなりません。心より感謝申し上げます。 独立後、最初の仕事は、自宅の増改修でした。設計通りに工事が進まず、頭を悩ませる日々・・・。 その後も、何度も、同じことでつまづき、絶望し、落胆し、つくることの悩みは尽きることがありませんでした。 それでも夢を諦めず、作り続けることで、「SDレビュー」、「住宅建築賞」など、目標としてきた賞を頂くことができました。 わたし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/02 09:26
住まいの環境デザインアワードの受賞作品展
住まいの環境デザインアワードの受賞作品展 リビングデザインセンターOZONE7F リビングデザインギャラリーにて 「住まいの環境デザイン・アワード2014受賞作品展」が始まりました。 私たちの設計した「外・〈外〉・〈〈外〉〉」 のパネルも展示されています。 開催は2014年4月1日(火)までです。 お時間があれば、是非お越しください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/23 20:23
グーグル建築探訪(その1_NTT横須賀研究開発センター)
グーグル建築探訪(その1_NTT横須賀研究開発センター) グーグル建築探訪(その1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/23 17:52
「住まいの環境デザイン・アワード2014」受賞のお知らせ
「住まいの環境デザイン・アワード2014」受賞のお知らせ この度、私達の設計した住宅、『外・〈外〉・《外》』が、「住まいの環境デザイン・アワード2014」において、『住空間デザイン優秀賞』を受賞することが決まりました。 今年から新体制になった事務所の幸先の良いスタートとなりました。 昨年、現地審査は11月11日。曇り空の寒い中、現地までお越しいただいた、審査委員長の東 利恵さん、東京ガスの古宮部長をはじめとする審査員の皆様に深く御礼申し上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/17 12:01
2014年 新年のご挨拶
2014年 新年のご挨拶 新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/09 11:46
お休みのお知らせ
暑中お見舞い申し上げます。 いつも、ああす設計室のブログをお読み頂き、誠にありがとうございます。 ああす設計室は、8月3日(土)〜8月5日(月)の間、お休みを頂きます。 というのも、念願の「青森ねぶた祭」に行くことが急きょ決まったからなのです。 お昼は、 西沢立衛さんの設計した十和田市現代美術館、青木淳さんの設計した青森県立美術館などを訪れる予定です。 ちょっと、早いお盆休みとなりますが、今後とも、一層ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/01 16:52
インテリア雑誌掲載のお知らせ
インテリア雑誌掲載のお知らせ ああす設計室の設計した『外・〈外〉・《外》』が、「住宅インテリア究極ガイド 2013→2014」の巻頭企画 実力派・設計者が提案する美しいインテリア63に掲載されました。 皆さん、是非ご覧ください。 下記、ウェブページからも詳細をご覧いただけます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/28 09:40
住宅建築賞 入賞作品展 2013
住宅建築賞 入賞作品展 2013 先週末、住宅建築賞のレセプション、オープニングパーティに出席しました。 審査委員長の西沢立衛氏、審査員の藤本壮介氏、トム・ヘネガン氏から、受賞作の講評が行われました。内容はなるほどと思うことが多く、「本来、住宅には不自由さが伴うもの。現在に満足する住宅は、5年後には不自由になってしまう。」、「最近の住宅には批評性がない。建築の強さがない。」という西沢さんの言葉は、受賞者への批判でもあり、激励でもあると受けとめました。 パーティでは、東京建築士会副会長の中村勉さんから環境建築の重要性を教えて頂... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/17 16:55
こだわりの素材
こだわりの素材 10年前、我家の増改築をしました。増築部分は私達の設計事務所のためのアトリエ。リフォーム部分は家族の居間と和室です。色々な素材を吟味し、できるだけ素材を活かした日本らしいものを使用したいと考えました。 当時、川越の蔵などを長年手がけられた左官職人さんと出会い、思考錯誤の結果、藁を入れた漆喰を10ミリの厚みで、アトリエの壁と天井に塗りました。 塗ったばかりの頃は少し黄色みがかっていた壁も、徐々に乾くにつれ白さが増していきました。といっても無機質な白というのではなく、なんとも温かみのある、独特な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/07 12:26
消費税改正前に家を建てるには
2014年4月に8%、2015年10月に10%にアップされる予定の消費税。 最近、家づくりを1年以内に、というお客さんが増えています。 来年4月に増税だとすると、ぎりぎりに請負契約をしてもいいと勘違いしてしまいがちですが、それだと税率アップ後の引渡しとなってしまい、アップした消費税が課税されてしまいます。というのも、住宅は引渡し後に課税されるからです。 1997年の増税経過措置と同じだと仮定すると、今年の9月30日までに請負契約を締結すれば、税率アップ後の引渡しでも、現在の5%の税率でよい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/24 16:11
住宅建築賞 奨励賞受賞のお知らせ
住宅建築賞 奨励賞受賞のお知らせ この度、私達の設計した住宅、『外・〈外〉・《外》』が、2013年住宅建築賞の奨励賞を受賞することが決まりました。 3月8日の現地審査はトップバッター。早朝から晴天で、うららかな春の日です。 審査委員長の西沢立衛さん、審査員の妹島和世さん、林寛治さん、藤本壮介さんらを目の前にし、かなり緊張したため、説明したい事の半分も話せず、審査後は、フワフワした感覚と脱力感だけが残りました。 入賞作品展、レセプションは下記の日程で行われますので、皆さん是非ご来場下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/30 12:11
フランス雑誌『Avivre』掲載のお知らせ
ああす設計室の設計した住宅「外・〈外〉・《外》」が、4月に発売されるフランス雑誌に掲載されることになりました。 私達も雑誌の発売を楽しみにしていました。 みなさま、是非ご覧ください。 詳しくは下記のホームページをお読みください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/07 00:08
MEIJO ARCHITECTURE 65/50大交流会
明日、3月23日(土)、MEIJO ARCHITECTURE 65/50大交流会のトークにゲストで参加します。 詳しくは、下記のページをご覧ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/22 22:51
韓国の雑誌掲載のお知らせ
2013年もよろしくお願いします。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/10 11:17
雑誌掲載のお知らせ
ああす設計室の設計した『外・〈外〉・《外》』が、「新建築 住宅特集 11月号」に掲載されました。 皆さん、是非ご覧ください。 下記、新建築 住宅特集ウェブページからも詳細をご覧いただけます。 http://www.japan-architect.co.jp/jp/new/book.php?book_cd=201211 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/19 16:33
海外webの怪
海外のデザインweb 『designboom』に、ああす設計室の設計した「外・〈外〉・《外》」が掲載されました。 タイトルが「outside (outside)」となっており、《外》がなぜかひとつ省略されておりました。また、新築なのにリノべーションと表記されているのも不思議。私の英語力のレベルが露呈されてしまった感じで、おはずかしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/23 09:37
エドワード・ホッパーの窓
国立新美術館で行われた『モダン・アート、アメリカン』展を観て依頼、 エドワード・ホッパーの描く「窓」が気になっていました。 どこか、うら寂しい雰囲気を伝える窓です。 そして、その美術館を観た帰り、 特に窓が印象的だった三枚の絵葉書を購入しました。 ホッパーの描く窓は、様々な物語をそこに凝縮しているように見えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/08 15:13
木と建築 (その1 ふじようちえん)
「ふじようちえん」を見学しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/24 16:51
光から木陰へ
少し前になりますが、フェルメールの絵を3枚同時に見ることが出来ました。 、、の3枚です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/08 19:24
ジャン・ヌーベルのホテルサンジェームス
ジャン・ヌーベルはかつて、ジャン・ボードリヤールとの対談において以下のように言いました。 「建物は水平線と観察者の間にあるのではなくて、水平線に書き込まれているとしたら?」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/04 17:29
セザンヌ展を観て
セザンヌ(1836-1906)展を観に行きました。 キュビズムへの道を開いたという幾何学的な構成。 マチスが手放そうとしなかった絵。 それは、マチスの代表作ブルーヌードまであと少しのところのようにも見えました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/02 16:45
誕生日に生まれた年を考える
そろそろ私の誕生日です。 私は1970年に生まれました。 建築の歴史では、お祭り広場(1970 丹下健三)、桜台コートビレッジ(1970 内井 昭蔵)、少しずれますが、中銀カプセルタワー(1972 黒川記章)、キンベル美術館(1972 ルイスカーン)などの名作が生まれた時代です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/30 08:49
はじめての『ふじようちえん』
昨日は、気温25度の夏日。2歳3ヵ月になった娘を連れて、立川にある『ふじようちえん』まで、親子教室の登録に行ってきました。アートディレクターの佐藤可士和さん、建築家の手塚夫妻が手掛けられた幼稚園です。 受付からは、ドーナツ型の園舎と青々とした芝生の園庭が見え、ぽっかりと開いた丸い空に鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。それを見るなり、娘は柵の隙間から園舎への侵入を試みましたが私に阻まれ、それでも「みるの!こいのぼり、みるの!」と騒ぎまくる始末。みかねて、園の先生が「鯉のぼり見てきたら?」と... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/26 00:54
なにもでない『なにか』 ジャスパー・ジョーンズ 星条旗
ジャスパー・ジョーンズの「星条旗」(1955)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/04 12:54
地震への準備
週末、家具の転倒防止グッズを買いに行ったのですが、 売り切れで入荷の予定なし、という状態でした。 最近、地震も多く、皆不安に感じているのだと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/27 13:12
書評『なぜ日本の街はちぐはぐなのか』(青木仁)
『なぜ日本の街はちぐはぐなのか』という本を読みました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/16 16:57
高齢者のための住まい
私達夫婦は、私の親と同居しています。 昨年末、岐阜にお住まいだった妻のご両親も、私達の設計した近くの家で一緒に暮らすことになりました。 よって、3世代7人が、ほとんど同居しているような近さで暮らしています。 孫を見て喜ぶ両親達の姿を見れることになり、私達夫婦にとっても、とても幸せです。 でも、心配なのは高齢である両親達の今後です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 68 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/14 19:03
日本の財政を身体感覚化する(借金編その3)
月収40万の人が35万の借金をして行う75万円の暮らし。 そして、その人の借金総額は6000万円超。 日本の財政を家計に例えた場合の数値です。 こんな人が仮に自分の両親だとすれば、不安で仕方が無いはずです。 ここまでが、前回2回にわたって紹介してきた、「日本の財政を身体感覚化する」の内容でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/05 11:08
「個」による「表現」を超えた建築
2011年新建築12月号に、伊東豊雄さんの「みんなの家」が掲載されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/06 15:40
医療と介護から「家」を考える
「家」には当然、高齢者への配慮が求められます。 でも、限られた予算やスペースのなかで、完全なバリアフリーの実現は難しく、取りあえずは無駄な段差をつくらないくらいで済ませる場合も多いと思います。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/01 18:03
炭酸泉
炭酸泉 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/27 12:36
景観協議からおもう大都市制度
建築行政での二重行政のような話です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/26 10:28
電気代の値上げ
電気代が値上がりしそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/23 15:10
日本の財政を身体感覚化する(借金編その2)
前回、日本の借金を家計にたとえると、本当に未来が心配になる額であることを紹介しました。 でも、借金が多くても収入が多ければなんとかなります。 年収が1千万円の人がする1千万円の借金と、年収が1億円の人のそれとでは全く深刻度が違うのは当然です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/17 18:03
日本の財政を身体感覚化する(借金編)
建築の設計では、必要な数値を記憶することも大切ですが、 数値を身体感覚で理解すること、つまり、実感できるようにするのも重要です。 畳の数で部屋の大きさを実感してしまう日本人にとって、十分理解頂ける話だと思います。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/14 20:18
新年のご挨拶
新年のご挨拶申し上げます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/10 11:52
陽射しを取り込み、そして抑制する設計
 『夏の陽射しをカットして、冬の陽射しを取り入れる』、という概念を示すドローイングは、今ではお馴染みの表現になりました。(図1) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/18 18:38
レーマー ベビーからチャイルドシートへ
先日、娘が1歳4ヵ月になりました。生後4ヵ月まではとてつもなく長く感じたのですが、1歳を過ぎてから、あっという間の4ヵ月。授乳、離乳食、オムツ、沐浴、ネンネ、たまにはお散歩など1日のペースが決まってきたからかもしれません。先月、病院でロタウイルスに感染し、初めて高熱(40度)を出した時は、どうなることかと思いましたが、病気が治ってからは、さらにパワーアップした感じで、最近のお気に入りは、フィギュアスケーターのようにクルクル回ることと、「いないないばあっ!」のDVDを見ながら踊ることです。いたずら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/27 00:01
子供のための家づくり
先日、イオンモールむさし村山にある「ボーネルンド あそびのせかい」に10ヵ月になる娘と行ってきました。 そこには、有料の室内あそび場があります。子供は、素足が原則。遊び場全体に床用クッションが敷き詰められ、子供が走り回って転んでも大丈夫。沢山ボールが入った場所にダイブしたり、空気の入ったエアキャッスルというトランポリンで飛び跳ねたり、寝転んだり、小一時間、久々に親子で汗をかき楽しかったです。こんな子供のための遊び場を家の一角に作れば安全かもしれません。まぁ、転んで痛い思いでもしないと、子供はいつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/10 11:50
第29回 建築・環境・インテリアのドローイングと模型の入選展
先日、『第29回 建築・環境・インテリアのドローイングと模型の入選展』を観に代官山ヒルサイドテラスに行ってきました。今回の入選作品では、傾向として私達の作品を含め、『入れ子案』が多く見受けられました。展示の方法も様々で、建築的にも沢山ヒントを頂きました。9月30日からから大阪展も始まっておりますので、みなさまご覧いただけたらと思います。詳細は下記のホームページをご覧ください。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/01 01:10
SDレビュー入選しました!
ご無沙汰してます。娘がようやく7ヵ月になったので3ヵ月振りのブログとなります。先月、ずりばいが始まったとたん、私の目を盗んでは勝手にオムツをベビーベッドの下からつまみ出し、大事な本や雑誌を噛んだり、リモコンを押しまくったりといった、いたずらをするようになりました(本人は自覚ないでしょうけど・・・)。私を追って、あっという間に出入口に来るので、ベビーガードを早速設置したところです。 さて、ああす設計室からお知らせがあります。この度、私達の作品、『外・〈外〉・《外》』がSDレビュー2010に入選し... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/26 18:19
もうすぐゴールデンウィーク
こんにちは。約2ヵ月ぶりのブログです。 ああす設計室からのお知らせです。『ノンちゃんのいえ』が旭硝子の最新事例に掲載されましたので、みなさん是非ご覧ください。作品bヘ035です。 https://www.asahiglassplaza.net/gp-pro/column/hello/glassinhouse/index.html ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/28 11:44
往訪:旧フランス大使館(ノー・マンズ・ランド展)
旧フランス大使館で開催されているノー・マンズ・ランド展に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/17 17:32
家族が増える新年です
あけましておめでとうございます。 本年がより良き年であります様、心よりお祈り申し上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/07 13:49
グッドデザイン賞2009 表彰式
11月6日に行われた、グッドデザイン賞2009の表彰式に行ってきました。 会場は大勢の人々でごった返し、妊婦なので1時間も経過すると、さすがにお腹も張り、脚もむくみ、やっぱり来ない方がよかったかな〜と後悔・・・。ロビーのベンチは一杯でしたが、女性の方が快く席を譲って下さり助かりました。大賞の選出が延びたため、表彰式がずれこみ、なんとか主人も表彰式に間に会いました。ちなみに大賞は岩見沢複合駅舎に決定しました。おめでとうございます。 2004年にプラットフォームという座卓でグッドデザイン賞を頂... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/11/13 14:55
未来をのぞく住宅展 in 福島
今週末の10月24日(土)・25日(日)の2日間、福島県福島市の『コラッセふくしま』 で開催される「未来をのぞく住宅展」に参加します。 この度、グッドデザイン賞を受賞した「ノンちゃんのいえ」の模型や内観写真の他、「緩やかな境界線を持つ家」の内観を撮りおろしたパネルなども展示させていただきます。 これから家を建てる方、家づくりに興味のある方、建築家はどんな家を作るのか知りたい方、是非お立ち寄りください。詳しくはこちらをご覧ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/22 14:18
磯崎新の建築 in 群馬
先週末、紅葉の秋ということで、群馬を旅行しました。万座プリンスホテルと嬬恋プリンスホテルに宿泊し、久々に温泉でのんびり過ごしました(万座温泉は最高!)。 旅の途中、久々に磯崎新氏の設計した群馬県立近代美術館とハラミュージアム・アークに立ち寄り、良い建築だなとあらためて感じました。 群馬県立近代美術館は1974年に建てられ、1998年に現代美術棟を増築(実は違和感がないので増築と気づかなかったです)、昨年、大改修が行われたそうで、外部・内部とも美しく保たれています。群馬の森公園の中にあるため、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/21 18:48
脇田アトリエ山荘
昨晩から台風18号が関東を直撃し大雨と強風でどうなることかと思いましたが、徐々に空には晴間も見えはじめ、たまった洗濯物が干せるぞー!と朝から意気込んでおります。 さて、秋の行楽シーズンということで、台風も去り天気にも恵まれそうなこの3連休、皆さんの予定はいかがですか? 昨年の丁度今頃、脇田美術館で開催される『建築ワークショップ Vol.5』に参加するため、軽井沢に行ってきました。ワークショップでは、川添登氏、三沢浩氏、松隈洋氏のゲスト・トークの後、吉村順三氏設計の『脇田アトリエ山荘』の見学が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/08 10:16
2009年度グッドデザイン賞を受賞しました!
本日、ああす設計室の設計・監理による『ノンちゃんのいえ』が、2009年度グッドデザイン賞を受賞しました。皆様からの心あたたまる応援メッセージ、ありがとうございました。 実は、今年のグッドデザインエキスポを見に行った際、出展者の皆さんのプレゼンテーションに圧倒され、内心「受賞できるかな・・・」と不安で一杯でした。施主のWさんご家族には、工事中、大変ご迷惑をお掛けしましたが、これで恩返しができたような気がして、ホッとしてます。 来年1月には、グッドデザイン賞2009のイヤーブックも発売されます。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/01 12:43
中国地方の建築を巡る旅 『brood in広島』
今日は、三分一博志氏設計の『brood』をご紹介します。広島インター付近に位置し、自動車販売店、イタリアレストラン、和菓子店からなる、コンバーション建築です。この日は猛暑だったのですが、環境に配慮した設計で知られる三分一さんデザインのパーゴラが密に林立するオープンテラスは、とても涼しく、ほどよく日差しを遮る、内外の中間領域といった感じです。自動車販売店の通路の天井はランダムに光が灯る有機的な形状で、レストランのレストルームの個室の扉は軽いのですがコンクリートのような素材で出来ていました。レストラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/29 15:49
中国地方の建築を巡る旅 『広島の元祖お好み焼き』
9月12日から15日までの4日間、中国地方の建築を巡る旅をしてきました。当初の目的としては、「村野建築を見る旅」に参加することでしたが、その2日前から広島入りし、レンタカーを借りて広島の建築、翌日は出雲の建築を巡り、その晩は旅の目玉である菊竹清訓氏設計の『東光園』に宿泊してきました。建築写真も沢山撮影してきましたので、場所別に整理し、追々ご紹介したいと思います。出産後は、当分大好きな旅行もできなくなるので、安定期のこの時期に建築も旅も満喫しよう!と少々欲張ったスケジュールだったので、帰宅後は相当... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/25 22:13
未来をのぞく住宅展 in 郡山
明日8月29日(土)・30日(日)の2日間、福島県郡山市の『ビッグパレットふくしま』 で開催される「未来をのぞく住宅展」に参加します。 ご来場頂いた方に、私達のつくった住まいの良さを、より一層感じて頂くため、この度、新たに撮りおろした『緩やかな境界線を持つ家』の内観写真など10数点を展示致します。 これから家を建てる方、家づくりに興味のある方、建築家はどんな家を作るのか知りたい方、是非お立ち寄りください。 詳しくはこちらをご覧ください。 http://www.asj-net.com/ev... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/28 11:36
未来を描く 『前川國男の建築探訪』 その2
『茶碗』と『丼』は相似形ですが、その大きさの違いからそれらが呼び寄せるものも異なります。それは、白米と牛丼という中身ばかりでなく、上品によそうご飯と、ワイルドに盛る牛丼といった具合に、人の振る舞いにまで影響を与えます。 晴海高層アパートで感動したしたのは、そんなスケールという極めて物理的な要素を操作しながら、実は建築の質感を変えることで建築のあるべき姿を提示している部分にあります。(茶碗と丼の例えは逆に解りづらいですが・・・) 具体的には、晴海高層アパートの広い共用廊下もその一つです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/19 11:46
未来を描く 『前川國男の建築探訪』 その1
移築された前川国男さんによる晴海高層アパートを見学しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/16 14:28
Japan Design in Milano Salone 2009
ミラノサローネで発表された日本の若手デザイナーによる作品の見学に行ってきました。 お目当ては、大学の後輩グループによる作品で、都市機構主催のコンペでも優秀賞を獲得した駐輪システムです。 駐輪システムと表現すると少し堅いのですが、ピットインのように自転車の前輪をテーブルに突っ込んで、サドルを椅子代わりに、街中のどこでもが臨時テーブルコーナーになってしまうような自由な作品です。 考えてみれば、車輪を固定された自転車は椅子のようであるし、自転車を止めて立ち話をするようなコミュニケーションは、徒歩... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/03 20:35
小住宅バンザイ
2009年の東京建築士会住宅建築賞入賞作品展を見に行きました。 展示された7作品はどれも力作で、図面や写真で確認済みでしたが、迫力満点の大きな模型があることでいろいろな発見もあり、行く価値十分でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/02 15:44
居酒屋巡礼 『みますや』
東京の有名居酒屋を巡ろうと思い立ったのが今年のゴールデンウィークで、そのとき訪れたのが門前仲町の『魚三』、そして今回、暑さを吹き飛ばそうと訪れたのが神田の『みますや』さんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/07/26 19:11
『クライン・ダイサム 喜びのデザイン』 in リゾナーレ小渕沢
クライン・ダイサムの建築は、街で雑貨やTシャツのデザインを眺めて楽しむような気楽さで接することが出来ます。明確な意図はありませんが、私達の事務所ではそれを密かに『喜びのデザイン』という造語で表現しています。とにかく、つい微笑んでしまうような、自由で明るい建築です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/07/25 15:16
『マリオ・ベリーニ建築視察』 in リゾナーレ小渕沢
目の前に広がる森とそれに手の届きそうな広いテラス。そのテラスと一体となるメゾネットの部屋。部屋を出て見ていた森と逆側へ進めば、こジャレた店が並ぶ西洋の街並み。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/25 14:23
グッドデザイン賞にノミネートしました。
この度、W邸増築工事こと 『ノンちゃんのいえ』 が2009年度グッドデザイン賞にノミネートされました。つきましては、8月28日(金)〜30日(日)、お台場の東京ビックサイトにて開催される『グッドデザインエキスポ2009』において、パネル展示を行います。皆さん、お誘い合わせの上、ご来場下さい。 2004年に『platform』という座卓でグッドデザイン賞を受賞しております。なんとか2次審査を通過し、晴れて2度目の受賞となるといいのですが。。。皆さん応援のほど、よろしくお願いします!! なお、7... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/17 16:03
『 YY grill 』 in リゾナーレ小渕沢
山梨の小渕沢にマリオ・ベリーニが設計した『リゾナーレ』というリゾートホテルがあります。17年前に建てられたそうですが、ほどよい感じでエイジングしたコンクリート壁面の所々にツタが生え、色とりどりの花々が飾られた石畳の風景はまさにイタリアの街並を想像させます。先月末、お目当てのクライン ダイサムアーキテクツがデザインした露天風呂付きのメゾネットルームに1.5泊することができました。1.5泊というのは、前日の19時以降にチェックインし2泊するという、リゾナーレのお得な宿泊プランです(残念ながら、6月末... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/13 11:06
建物探訪 『名取市文化会館』
名取市文化会館を訪問しました。以前から気にかけていたので、自分に課された建築巡礼の旅を、また1つ消化できたような、そんな満足感も味わっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/23 12:25
緑のテラス
今日から5月ですね。先日、天気がよかったので原宿を散歩し、「b6」という商業ビルに立ち寄りました。お気に入りの古着屋さんが無くなっていたのは残念でしたが、手頃な価格の家具を取揃えている「ADAL」のショールームがテナントに入ったのは嬉しいことです。「b6」の原宿を意識したような角丸フレームのファサードは別として、中央に内包された外部空間にゆったりと店舗が配置され、沖縄の建物のようなドライな雰囲気がなかなか良い感じなのですが、不景気のためか空きテナントが目立ちました。せっかく来たので、4階にあるレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/01 11:58
世界のカワイイ
先週の金曜日に、「20 クライン ダイサム アーキテクツの建築」という講演会に行ってきました。イタリア人のアストリッド・クラインさんとイギリス人のマーク・ダイサムさんのお二人はとても日本語が上手なので驚きましたが、来日されて20年ということで納得。20のテーマに沿って、お二人と所員の方が仲良く語られるのを見ていて、作品の楽しさが十分に伝わる講演会でした。建築だけでなく、プロダクトもデザインされていて、石鹸でできた洗面ボウルが気に入りました。使っていくと3カ月くらいでなくなり、季節毎にボウルごと取... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/20 17:01
お花見
今年は開花時期がずれたので、お花見が長く楽しめそうですね。土曜、日曜は天気がよく暖かかったので、お散歩がてら近所にお花見に行ってきました。多摩湖は、いよいよ工事も完了して、遊歩道もきれいに整備されており、お花見客で賑わっていました。 アトリエの近くに「木空人」という美味しい和風ピザのお店があるのですが、その傍にとても立派な桜の木があります。かなりの樹齢ではないかと思います。花の見頃をいつも逃してしまうのですが、残念ながら今回も葉桜でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/09 11:56
構造偽造の余波
今日は、昨日に引き続き、最高気温20度。天気も良く、ぽかぽかとあたたかいですね。 先週は住宅瑕疵担保履行法の講習会、昨日は管理建築士講習会となんだか講習会続きです。構造計算書偽造問題以降、簡単に言うと、これまで立場の弱かった建築主のみなさんを守るため、建築基準法や建築士法などの法改正が行われました。我々設計・監理者に対する罰則強化、定期講習会への参加義務、賠償責任保険への加入義務などかなりの負担を強いられますが致し方ないと考えています。但し、これだけで、建築の紛争予防になるのか疑問です。品確法... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/18 11:07
W邸 引渡し
昨日の建国記念日に岐阜のW邸の引渡しを行いました。オープンハウス後、手直工事でご家族に負担を強いてしまい、内心不安でしたが、みなさんの笑顔を拝見してホッと胸を撫で下ろしました。 昨日は、雨、雷、曇り、そして晴れという、天気が目まぐるしく変化する1日でした。W邸の室内は内部のような外部のような空間を意識して作ったのですが、お茶をしつつ吹抜けの天窓を見あげると、雨や流れる雲の様子が見事に内部に入り込んできます。そして突然、東面の窓に大きな虹が現れました。長い間、この家の完成を待ちわびた家族へのご褒... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/12 16:39
オープンハウスのご案内
この度、施主のご厚意により、私たちが設計した住宅の オープンハウスを開催します。内外を囲う壁の隙間から 、どこにいても家族の気配や風景を感じられる、そんな住まいです。当日は家づくりに興味のある方のご相談も承ります。皆さま、お誘い合わせの上、お気軽にお立ち寄り下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/10/20 18:43
完成間近
ああす設計室のホームページに『Lightful Church』を掲載しました。また、Worksページの操作性を改善しましたのでご覧ください。 こちらです→http://aath.jp/ 岐阜のW邸工事の完成予定は先月末だったのですが、約1ヶ月工事が遅れ、オープンハウスは11月になりそうです。日時が確定しましたらブログでお知らせしますので、お近くにお住まいの方は是非お越しください。 昨日、スタジオMさんの家具工事が完成し、お施主さんから「まるでホテルみたいだよ〜」というお電話をいただきました。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/03 17:15
美しいもの、美味しいもの
先日、胡蝶蘭が我が家に届きました。白の 5本立ちなので5万円は下らないと思います(自前ではとても買えません)。高さと幅が1m近くあるので狭い玄関には置けないため、アトリエに飾ることにしました。蝶のような花びらは「美しい」という言葉がぴったり。花言葉は「幸せが飛んでくる」だそうで、今年の12月から大殺界に突入する私としては、その言葉にあやかりたいものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/01 15:41
金沢旅行 その2
まだ9月だというのに、昨日、今日はとても寒いですね。今日のブログは、前回の続きということで金沢旅行2日目について書きたいと思います。 早起きしてホテルの近くを散歩したところ、寺町という地名だけあり、とてもお寺が多いことに気づきました。運よく妙立寺という立派なお寺を拝観できることになったのですが、予約時間になると拝観者がぞくぞくと集まり、係員の指示で数グループに分かれ、案内役の女性に引率されるという、とてもシステマチックな拝観ツアーでした。忍者寺と呼ばれるこのお寺、初代加賀藩主、前田利家公が祈願... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/30 22:33
金沢旅行 その1
先日、石川県の金沢市に行ってきました。前日金沢行きを決めたので、新幹線や特急の指定席はとれず、金沢に6件もある大浴場付のアパホテルも満室でしたが、繁華街近くに同様の格安ホテルをみつけて泊まることができました。 早朝、大宮発の「Maxとき」で越後湯沢へ。新幹線が遅延したためか乗換口は客でごった返していました。金沢行きの「特急はくたか」の自由席車両は立席で通路が塞がれ、喫煙車だったため最悪の環境でした。そして、通路側の椅子に持手ひとつ付いていないのは安全上いかがなものでしょう。自由席特急券を発売し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/19 14:37
Bakery England St.
秋の訪れを感じる今日この頃、頭痛の原因と思われる眼の結膜炎も治りかけ、久々にブログを書きたくなりました。 我が家の近くに、「Bakery England St.」というパン屋さんがあります。3度の食事がパンでOKというパン好きの私は、クロワッサンは高温多湿の日本では作れない!と豪語していましたが、とうとう出会ってしまいました。クロワッサンについて語ると半日はかかりそうなのでやめておきますが、その店のクロワッサンは、噛んだときにサクッとして、何層にも重なる皮の表面がぱらぱらっと落ち、つぶれずに原... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/09/11 01:17
お盆です。
久しぶりにブログを書きます。昨日からお盆休みで帰省されている方も多いと思います。 先日、知人から「いつが休みなの?」と聞かれ答えに困りました。基本的に日曜定休としていますが、お施主さんが休みの日に打ち合わせをするので日曜は仕事になることが多いのです(そんな週は平日にしっかり休んでます)。 先日、ちょっと早い盆休みが取れることになり、山本理顕さんが設計した福生市庁舎を見学に行きました。庁舎は横田基地の近くに位置しているのですが、車で近づくにつれ、雑誌で見た印象よりも、2棟の建物が随分小振りに感... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/08/14 18:41
コンペに入選しました!
5月末に参加した『埼玉西川口キリスト教会』のコンペに入選しました。86点にものぼる応募作品のなかから、ああす設計室を含む7案が選出されました。G.Wを返上して頑張った甲斐があり、最高に嬉しいです。今後、教会員の方々へのプレゼンテーションを経て、秋ごろ実施案が決定される予定です。来年のクリスマスにライトアップされる新しい教会は果たしてどんな姿なのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/07/22 16:52
フィルムで紫外線防止
今朝は10時から、ああす設計室アトリエの天窓と南側の窓のフィルム貼り工事を行いました。まず、窓廻りに水がかからないよう、専用のビニールやテープでしっかり養生します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/01 16:28
うつせみの代々木の里 明治神宮
先週の土曜日、原宿駅から明治神宮を散歩しました。初詣では例年日本一の参拝者数を誇る明治神宮。この日も結婚式が行われるなど、大勢の人々で賑わっていました。6月16日は和菓子の日。PRのためか明治神宮内で花菖蒲の形をした和菓子の実演が行われ、無料で配られていました。深い緑の下で、冷たい新茶と一緒にいただく和菓子は絶品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/09 17:17
丁張りと地盤改良工事
昨日に引き続き、W邸の工事状況を紹介したいと思います。 まず、敷地の四隅に木の杭を打ち(丁張りといいます)、建物の通り芯となる位置に水糸(色付のナイロン製の糸。水糸の「水」は水平の意味らしい)、を水平に張り建物位置を確認し、基礎天端を決めます。既存建物から寸法を追っていくと、なんと東側の敷地境界線が畑側にあり、通路幅が設計よりも狭くなってしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/25 18:20
秋刀魚は長い
皆さん、秋刀魚(さんま)の塩焼をどのようなお皿にのせますか?皿から秋刀魚の尾っぽ、はみ出てませんか?私は楕円のカレー皿で代用してますが、帯に短したすきに長しといった感じです。そんな悩みから開放されるため、秋刀魚皿を自分で作ることにしました。秋刀魚の体長に合わせ(なんと40センチにもなる)、皿のサイズを42センチ×12.5センチとしました。お皿にのせたとき秋刀魚の尾っぽが、キュっと上に持ち上がるよう、皿の中心を切って重ね、跳ねあげるデザインにしました。1度に2皿づつ仕上げたので若干形状が異なるのと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/21 16:44
期間限定 銀波藻汁
先週の土日、新潟に行ってきました。雪の降る猛烈な寒さのなか、信濃川に架かる、美しい萬代橋(国の重要文化財にも指定されている)を渡り、長谷川逸子さんの設計した新潟市民芸術文化会館「りゅーとぴあ」まで黙々と歩きました。その日コンサートホールでは新潟の政令指定都市移行を記念してコンサートが開かれ、新潟市民のみなさんで賑わっていました。劇場では、午後から桂三枝師匠の独演会が開かれる予定でしたが、すでに満員御礼ということで、私たちは6階の展望ラウンジで新潟の街並みを見ながらランチを食べることに。海鮮丼と一... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/02 20:56
ことほぎのかたち
「寿ぎ」と書いて「ことほぎ」と読むそうです。昨年末、東京ミッドタウンを訪れたとき、とらやで開催されている『寿ぎのかたち展』に出会いました。とらやに併設された小さな企画展示スペースですが、「包み」、「結び」をテーマとした粋な展示物には、とても興味をひかれました。 話は飛びますが、私は香川県の直島という小さな島にある、安藤忠雄さんの設計したベネッセアートミュージアムで結婚しました。現在でこそ、宿泊施設の充実した直島ですが、当時宿泊できるのは美術館に併設されたホテルの16室のみ。全室を貸し切り、親戚... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/11 12:55
2次元の○、3次元の○
パン皿が焼きあがりました。パンではなく、パン皿です。赤土で箱作りし、家にあるいろんなキャップでランダムに模様を押した後、白の化粧土で象嵌し、青磁を釉掛けしました。テーマは「金沢21世紀美術館へのオマージュ」、というと聞こえがいいですが、まぁまぁ気に入っています。今思えば、ちぐはぐなくらい様々な丸が散りばめられてた方がよかったかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/07 14:18
仙台小旅行
ご無沙汰しております。先週の金曜日から3日間、ASJ仙台南スタジオさん主催の建築家展というイベントに参加するため、仙台に行ってきました。金曜から仙台入りした理由は、牛タンをいただくため、ではなく、せんだいメディアテークを訪れるためです。何をかくそう、私はこれまで、この超有名な建築を見たことがなかったのです。一緒にイベントに参加した建築家に、「それは、イスラム教徒がメッカを訪れていないのと同じですよ」と言われ、なるほどなぁ・・・と感心してしまいました。 せんだいメディアテークは夜10時まで開いて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/23 03:24
ニコラス・G・ハイエックセンター
今、夜中の3時になろうとしております。 今週末から1週間ほど、W邸の件で岐阜に行く予定になっているので頑張っています。新幹線で1時間40分とはいえ、ちょくちょく通える距離ではないので、Wさんとの打ち合わせはもちろんのこと、地盤調査、工務店への見積依頼、役所へ適合証明書交付申請書提出と、今回はてんこもりです。 ふー。気分転換に、以前に訪れた、坂茂さん設計のニコラス・G・ハイエックセンターをご紹介します。このビルは、銀座の中央通りに5月にオープンした、スウォッチグループのビルで、とらやの傍に建っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/30 03:30
ねじねじ
お久しぶりです。先週末からW邸打ち合わせのため岐阜に帰っておりました(岐阜が実家で、Wさんは私の幼なじみです)。行きは何の理由か西武線が遅れて、ぎりぎり新幹線に乗れたと思ったら、帰りは浜松駅で人が線路に落ちたらしく、20分も新幹線が遅れました。まぁ、仕事には差しつかえなかったのでいいんですけど。 電車乗り換えのため、名古屋駅で少し時間ができたので、駅前に建設中のモード学園スパイラルタワーズを見にいきました。その名の通り、2本のカーテンウォールがらせんを描きながら空にのびてゆくようなデザインの建... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/04 22:34
光の館 House of Light
先週、夏休みを利用して、家族で、新潟の「光の館」に宿泊しました。このゲストハウスは、光の魔術師ジェームズ・タレルの美術作品です。数年前、アトリエワンが設計したコテージBに宿泊した時、その近くに建つ、「光の館」を見学したのですが、その佇まいがとても気に入ってしまい、それ以来、いつか宿泊してみたいと考えていました。その願いがやっと叶ったというわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/29 12:45
カプリ島
建築家、鈴木了二さんの著書である、建築零年に「海と建築」という章があります。映画と建築の関わりについて、ジャン・リュック・ゴダール監督の「軽蔑」という映画を題材に書かれています。この映画では、イタリアのチネチッタ撮影所、ローマのアパート、カプリ島のマラパルテ邸という、主に3つの建物において、ストーリーが展開していきます。ゴダールの映画は難解なので何回見ても意味が分からないのですが、鈴木さんの文章を読み、建築を通して少しはこの映画を理解することができました。学生時代にこの映画を観たとき特に記憶に残... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/31 16:35
TAKKYUU!
昨日、所沢市民体育館で行われていた日本卓球リーグ大会の決勝を観戦してきました。学生時代、県代表の卓球選手だったああす設計室の♂に連れられて観戦するようになり、これで3回目。はじめは、福原愛ちゃんしか知らなかったのですが、お陰様で今では、選手の名前と顔を覚えました。今回優勝したのは、男子は東京アート、女子は日本生命という、どちらも強豪チーム。特に東京アートの韓陽(かん・よう)選手は、大柄な体型で、あまり俊敏に動かない(ように見える)のですが、完璧なプレイで、見ていて負ける気がしません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/11 18:13
今宵、空にさわってみませんか?
都内は、東京ミッドタウンや新丸ビルがオープンし、あーまた新しいスポットができたの・・・という感じですが、地方も負けてはいません。私の地元に近い名古屋では、駅前に超高層ビルがニョキニョキ誕生しています。これまで、名古屋駅前でショッピングといえば、松坂屋と名鉄百貨店ぐらいで、地上は閑散としており、人々は地下街で買い物や食事をしておりました。さらに言うと、駅前よりも『栄』の地下街が中心。ほとんどの名古屋人は栄の地下街に集まっているといっても過言ではありません。しかし、ここ最近、名古屋を訪れると、少しづ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/05/30 10:57
ノマディック美術館
先週末、お台場にある坂茂氏設計の『ノマディック美術館』に行ってきました。週末は夜の10時までオープンということで、ゆっくり夕飯を食べてからお出掛けです(外国みたいですね)。 凸凹に積み上げられた色とりどりのコンテナはライトアップされ、これまで体験したことのない独特の雰囲気を持つ外観です。内部は教会のような、神殿のような空間とでも言いましょうか。最大高さ16m、奥行100mという巨大な空間の中に、高さ10m、直径74pの紙管の列柱が美しく並んでいます。柱の間にはアーティストのグレゴリー・コルベー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/14 18:37
桂離宮 出迎えの場所
なかなかブログを書く暇が見つからず、ウカウカしてるうちに、もうすぐGWなんですね。今年は、特になんの予定も入れてなかったんですが、先週、幼なじみから家づくりについての電話をもらい、早速GWに会いにいくことに。彼女の結婚式以来会ってないような気がします。今からとても楽しみです。さて、第1回から更新されていない桂離宮のブログを再開しようと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/24 18:09
瞑想の森 各務原市営斎場
昨年の秋に催されていた伊東豊雄さんの展覧会を観に行かれた方も多いと思います。展覧会とともに講演会も盛況でした。第一回の講演会(オープン記念レクチャー)では伊東さんの近作やプロジェクトの紹介が行われ、なかでも『瞑想の森』という、岐阜県(私の出身地です)の各務原市に昨年完成した斎場に興味を持ちました。「斎場のプランは誰がやっても同じになると思う。池と山との関係から屋根をかけ、柱の中に樋を落とした。オープニングセレモニーで、参加者が屋根に上って歩いた。床(屋根)に起伏があるだけで気分が変わるものだ。フ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/21 12:15
豪雨のスライド会
火曜日は朝から大雨。夕方から、住宅建築で有名な建築家のアトリエにおじゃまし、我々が今年巡った建築のスライド会を催すことになっていました。昼過ぎ小降りになったと思いきや、出かける頃にはバケツの水をひっくり返したような豪雨に。最近、出かけようとすると決まって雨が降ります。 予定よりも早くアトリエに到着。まず、先生と建築家である奥様、スタッフの方々、OBかつ友人のI さんと我々の8名で、I さんご持参のロゼのシャンパンを開けて乾杯!喉を潤してからスライド会が始まりました。私は、ポルトガルにあるアルヴ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/12/28 17:31
Leeum/ジャン・ヌーベル
今日は、ジャン・ヌーベルの手がけたミュージアム2の紹介をします。 コーンの吹抜けのロビーから、無機質なステンレスのエレベータに乗り2階展示室へ。広い空間のなかに、黒い門型のボックスが不規則な角度で散在している。このボックスは、独立した展示空間になっており、ボックス同士の隙間はガラスが嵌め込まれている。これらのボックスは建物の内外を貫通しており、内観でありながら外観なのだ。ジャン・ヌーベルはリウムのDVDの中で、「ボックスは固定空間であり、複雑で幾何学的な形態を呈し、互いに別の方向を見つめている... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/11/30 11:15
Leeum/OMA
夜中11時頃ソウルに到着。鐘路の繁華街をうろうろし、焼肉屋でカルビと蟹、付け合せのキムチやスープなどをたらふく食べ、オンドル部屋に宿泊。満腹な上、オンドルのあまりの熱さに熟睡できないまま、朝8時に起床。ソウルのTVでもNHKの番組が放送されていたので、いつものように『芋たこなんきん』を見ながら着替え、9時前に出発。宿の近くに御粥屋があったはずと、キョロキョロしていると、おじさんたちが皆、一様にどんぶりを食べている店を発見。ここかな?と入ってみると、そこは、ソウルで知らない人はいないと言われる『ヘ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/11/28 18:03
戦士の休息 その後
親愛なるシロー、で始まる手紙を初めて読んだとき、身につまされるものがありました。それは、磯崎新氏が故、倉俣史朗氏にあてた最後の手紙です。多くの建築家に影響を与えた倉俣氏のデザインを日本は粗末に扱ってきたと磯崎氏は言います。 数年前、秋葉原のヤマギワショールームに行く途中、入口のデザインが変わった小さなカフェを見つけました。ガラス越しに覗いてみると、アクリルやエキスパンドメタルの素敵な椅子が置かれており、気になったので、お茶がてら店内を拝見することに。中には男性客一人、女性がカウンターに一人。イ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/21 11:07
自閉王
東の自閉王、伊東、西の自閉王、安藤。これ何のことか分かりますか?藤森照信さんがお二人の初期の作品にちなんで、このように命名されたらしく、思わず吹き出してしまいました。確かに、『中野本町の家』と『住吉の長屋』は社会に対して完全に閉じています。何故、自閉した建築をつくるに至ったのかというと、丹下さんを始めとして、黒川さんや菊竹さんといったメタボリズムの巨匠らが、社会に向って開いた建築をつくろうとしたことに対するギャップだったようです。伊東さんは、シルバーハットで全開してしまったけど、安藤さんは地中美... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/16 15:23
エイジング
今日は、久々に吉祥寺の美容室に行った。カラーの最中、ふと足元を見ると、コンクリート金ゴテ仕上の床に、ところどころ黄色く着色されていたような斑模様が。偶然か、設計者が意図したのかは別にして、全体的にみると、コンクリートのヘア・クラックとうまい具合に絡みあい、なかなかいい味を出している。ふと、今年の春に訪れたポルトガルのポルトにある、レム・コールハースの『カーサ・ダ・ムジカ』を思い出した。 『カーサ・ダ・ムジカ』は、多面体のソリッドな塊から大小のオーディトリアムをくり貫き、その残余部分がホワイエ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/10 11:02
住宅は建築か
これ読んでみたら、と旦那に1冊の本を渡された。ギャラリー・間 20周年を記念して、今年の2月まで開催されていた『日本の現代住宅 1985−2005』の連続講演会の全記録だ。まず、磯崎氏の「住宅は建築か」という刺激的なタイトルのつけられた章から読み始めた。 冒頭から、磯崎氏は、「住宅を一生懸命つくっている真面目な建築家たちに三度目の水を浴びせることになるだろう」と宣戦布告。学生時代、八田利也(ハッタリヤ)というペンネームで「小住宅ばんざい」という論文を書き、ひんしゅくを買ったという。住宅の頭に”... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/01 11:55
深海の光景
磯崎新氏の『海のエロス』を読んでみた。以前にも読んだことがあるが、伊東豊雄氏の本で引用されていた、ラ・トゥレットについてのくだりが気になった。それは、ル・コルビュジェの最後、カプ・マルタンでの海の死からの書き出しで始まる。 コルビュジェの出発点である『ピュリスム』、純粋形態の空間、永遠に時を止めたような白い建築。それは、新しい世紀の幕開けと同期していたように思う。ムスタファヴィとレザボローの共著による『時間のなかの建築』の冒頭、「建築は仕上で終わるが、風化がさらにその仕上をする」とある。やはり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/31 19:10
光について思うこと
私はだらだらと本を読みます。一冊を集中して読めば、1週間くらいで読めそうなものですが、早く読み終わるのがもったいないと思う本もあれば、読んでも読んでも、脳に霞がかかったように理解不能な本もあり、だいたいそんな本を2冊から3冊、平行して読むわけです。現在進行形で読んでいるのは、17年前に出版された伊東豊雄さんの『風の変様体』と9年前に出版された村上春樹さんの『アンダーグラウンド』です。あまり新刊は読みません。単行本は値段も高い上、持ち運びに不便、そして、本屋の店員にミーハ−だと思われたくないからで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/31 00:13
フィンランディア・ホール
今日は、アルヴァ・アアルトの作品、フィンランディア・ホールについて、多少曖昧な記憶をたどりつつ紹介します。 トーロ湾側からのファサードは、カメラで全貌を捉えることは難しいほど水平に延びている。規則正しい縦格子風の外観に、唐突に付着した白い階段。そして、右上にある大ホールの不定形な3つの塊。大海に漂流する輝く氷山のような印象を受ける。 公園側から門を入ると、エントランスの水平に延びる白い庇の奥に黒い縦格子の壁が連なる。右手にはガラスがリズミカルに孤を描く。外観の仕上は、近年、全面張替えられたと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/26 22:14
事務所名の由来
仕事の合間に、我家のお風呂大改造を目論んでおります。サウナ好きの家族なので、洗面所裏の収納をなくして、スペースを拡張し、なんとか2人用のサウナが設置できないかと考えています。収納には、もう履かなくなったブーツが5足あったので、冬に向けて楽天のフリーマーケットに出品。全て入札があり、無事に完売御礼となりそうです。 サウナといえば、フィンランド。数年前、建築家、アルヴァ・アアルトの建築を見るために、フィンランドのヘルシンキを旅しました。スウェーデンのストックホルムからシリアラインという客船に乗って... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/25 11:09
佳水園「月の七」
もう、4年前になるでしょうか。季節は丁度今ごろ、建築家、村野藤吾氏の69歳の作品である桂水園に泊まることになりました。現在、ウェスティン都ホテル京都の数奇屋風別館となっています。今日はその時のエピソードを書きます。 チェックインを済ませ、ホテルの7階に。敷地内はかなりの高低差がある。廊下を抜け、外部に出ると桧皮葺きの門が見えてくる。門をくぐると、あの有名な白砂と緑の瓢箪の庭が。歓声をあげたくなるのを夫に窘められロビーへ。庭を鑑賞しながら談笑できるように配置された椅子、明り取りの障子、障子の桟に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/10/12 11:36
創作云々
先日、オペラシティで開催されている建築家の伊東豊雄さんの展覧会と講演会に行きました。 展覧会の会場は、とても楽しくて、飽きのこない構成でした。例えば、スペースBは、靴をぬいで、起伏のある真っ白な床をよろよろ歩き、点々と置かれた模型を、一人掛けの椅子くらいの丸い穴にうずくまりながら観察する、という体験型の展示空間。まるで子供の頃、野山で虫を追いかけ、自然のくぼみで隠れんぼしたような感じです。BGMは、いわゆるアートっぽい電子音ではなく、石川セリの歌が流れていて、肩の力の抜けた感じがよかったです。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/11 14:33
ボア・ノヴァ・ティーハウス
最近寒くなってきました。温かいスープが恋しくなり、ふと、ポルトガルのポルトで飲んだスープを思い出しました。ポルトは港町なので、春でも夜は長袖の上着が必要です。前にも、スープのことをブログで書きましたが、大きなどんぶりになみなみと注がれたスープはどれも体にやさしい味わいです。なかでも、スープ・ド・マールという海老のスープが絶品。実は、ポルトには、建築家のアルヴァロ・シザの作品を見るため訪れました。初期の作品にボア・ノヴァ・ティーハウスというレストランがあり、食事がてら覗いてみることに。なんとその日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/06 22:02
気になる理由
引き続き、今日もカルロ・スカルパについて書きます。 カノーヴァの石膏彫刻陳列館の写真を見ていると、なんだか、展示室自体が広場のような趣で、彫刻達それぞれに魂があるように思えてきます。逆光の空間でまどろむ女性の視線の先には、2人が寄り添い窓辺の光を浴びています。十字架にもたれかかる女性の脇でおしゃべりする人々。なんだか女性はおしゃべりにうんざりしているようです。4つの天窓のある空間では、門番のような男の頭部が空中にあり、時々、直射日光を睨みつけるような鋭い眼差しをしています。少し離れたところで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/03 23:33
スカルパが気になる
先日、建築家の古谷誠章さんのカルロ・スカルパに関する文を読んでいたら、スカルパの写真集がほしくなり、早速手に入れました。建築家の斎藤裕氏が撮影したもので、『ブリオン家の墓地』のあらゆる表情が楽しめます。私は、イタリアがどこよりも好きで、何度かベネチアにあるスカルパの設計したオリベッティ・ショールームを訪れたことがあります。タイプライターのショールームなのに、何故かショーウインドウに楽器が飾られていたり、ちょうど3年前の今頃は、絵やオブジェで彩られており、毎回、空間の印象が更新されていくようです。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/02 20:13
建築が成長すると
銀座に昨年12月にオープンした、あわいピンク色の外壁に牛柄というのか、ダルメシアン柄のような穴が無造作に開けられた、銀座ミキモトビル2を訪れた方も多いことでしょう。先日、ブログで話題にした、伊東豊雄氏の設計によるのですが、表層と構造を一体化させることで建築の強さを表現したいという試みから、鉄板でコンクリートをサンドイッチした厚さ200mmのチューブ状の外壁で構成されています。鉄板コンクリート構造と呼ぶのだそうです。鉄筋コンクリート構造はお馴染みですが、最近の構造解析技術のスピードというのか、ジャ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/29 11:45
2つの展覧会
3連休は、SDレビュー2006とインゴ・マウラー展に行ってきました。 SDレビューでは、沢山の模型、スケッチ、図面を見つつ、コンセプトを読むと、いくつかにテーマがグルーピングできるのですが、どの作品も普段、何気なく見たり、感じたり、思ったりしたことが、設計に取り入れられていて、とても参考になりました。2月に私達が設計した『旗の台の家』のオープンハウスにきて下さった井坂幸恵さんの作品も展示されていました。建物が完成したら、是非、見学させていただきたいと思います。 インゴ・マウラー展では、数々の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/19 12:36
カタログ整理
今朝、早起きをしたので、仕事の前にカタログや見本帳の整理をしました。お正月に一度、古いカタログは破棄したのですが、メーカーによって新しいカタログの出る時期が異なるので、ようやく一新できたという感じです。サッシ、金物、衛生設備、流し台、内外装材などなど、とにかく建材の種類とメーカー数が多いので、住宅1つ設計するのにも、1間の押入がいっぱいになってしまいます。私の場合、設計するときに、色々なメーカーのカタログをまとめて見たいので、ボックスファイルに建材の種類ごとに保管しています。ボックスごとデスクに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/14 17:01
防災の日にちなんで
今日は防災の日です。昨日の夕方の地震は、結構ずしーんって感じで気持ち悪い揺れかたしましたね。最近ニュースでも、東京直下地震の被害状況の想定や、それに対する備えなどが話題になってます。無印良品で、防災グッズ(が売ってるんですよ!)を今度買ってこようと思います。 現在設計中の建物は、鉄筋コンクリート造の地下1階、地上5階建で、地下1階と地上1階の間に免震層を設置した中間免震構造です。一般的に多いのは建物基礎の下を免震層とする基礎免震構造ですが、今回の場合、地下階があるため、地盤の掘削量が多く、免震... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/01 13:06
地盤面
今日でやっと新しいクレジットカードが全て手元に届きました。スキミング事件から約2週間。あとはキャッシュカードを銀行で発行してもらわなくては。。。なかなか仕事が片付かないので来月いこうかな?と思ってたら、明日はもう9月か。早っ!! 昨日は、計画建物の敷地の地盤面を算定してました。建築基準法上、地盤面は3mごとに設定していくのですが、計画敷地の高低差は6.8mあるので、3つの地盤面ができます。建物形状が変わったり、建物位置がずれたり、建物高さが変わったりすると、その都度、計算しなおさなくてはいけな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/08/31 14:36
ポルトガル旅行
今年は、梅雨も長引き、夏になったと思ったら台風上陸。暑いけど曇っていて、中途半端な夏という感じ。今朝は曇りですが、洗濯物をベランダで干していたら、セミがころんころんと死んでました。そういえば、ベランダってポルトガル語が語源らしいですよ。ゴールデンウィークにレム・コールハースとアルヴァロ・シザという建築家の建物を見るため、ポルトガルのポルトに行ったのですが、とてものんびりしてて、いいところでした。食事も魚介類が豊富。なんといっても驚きなのは、スープです。魚介や野菜など色々な種類があり、バケツは言い... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/08/25 12:35

トップへ | みんなの「建築」ブログ

A.A.TH ああす設計室 blog 建築のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる