比内鶏と比内地鶏

日曜の朝、早起きして、新宿の高島屋で開催されている『全国うまいもの市』に行ってきました(残念ながら9月3日の月曜日で終了)。開店の10時30分に間に合うように予定通り到着したのですが、既に会場は人でごった返していました。早速、お目当ての比内地鶏の親子丼を食べるため列に並ぶことに。30分ほどして、ようやく順番が回ってきました。これが比内地鶏の親子丼です。

画像




比内地鶏特有のこりこりとした歯ごたえ、肉汁もとてもジューシーです。卵もふわふわ、とろとろなので、お箸ではなく、スプーンですくっていただきました。比内地鶏の出汁も効いていて大変美味しかったです。
薩摩地鶏や名古屋コーチンと並んで、日本三大地鶏に数えられる比内地鶏。比内鶏は縄文時代から秋田にいたそうですが、天然記念物に指定されてから食べることができなくなってしまいました。その後、比内鶏と雌のロードアイランドレッドを掛け合わせたのが現在の比内地鶏というわけです。
最近では、スーパーに比内地鶏のスープが並ぶようになりました。秋田のきりたんぽも一緒に売られているので助かります。でも、比内地鶏の肉そのものはどこでも手に入るものではありません。やっぱり比内地鶏でないと、あの濃厚なコクのある絶品スープにならないのです。あがりのオジヤの味も違うんです。以前、我が家では、秋田から、きりたんぽ鍋セットを送ってもらって食べていました。新宿にも、美味しいきりたんぽ鍋を食べさせてくれるお店があります。この親子丼のお店は日本橋にあるそうなので、一度のぞいてみようと思います。

日乃本 比内や http://www.mitsuitower.jp/shop/hinai/index.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック