ツワブキ

「建築家と考える家づくり展」が先週末で終了しました。今回、10名の個性ある建築家と交流できたことは、私にとって最大の収穫です。明日で11月もおしまい。岐阜、仙台出張、建築家展が2つ重なり、その後もW邸の見積業務などでとても忙しかったせいか、あっという間に日にちが経っていました。気がつけば、毎秋、ほおっておいても黄色い花を咲かせるツワブキが我が家の庭で満開。実は、つい先ほどまでこの植物の名前を知らなかったのですが、ネットで調べるとすぐに分かりました。艶のある丸い葉が特徴で、それが名前の由来にもなっており(艶葉=つわ)、茎はふきのようにスカスカです。2週続けてお休みした陶芸教室に行ってみると、本焼きに出していた花瓶が完成していたので、早速ツワブキを活けてみることにしました。
丼ぶりに続いて2作目に作った花瓶は、苦手な紐づくり(粘土を紐状にして何段も積んで筒状にした作り方)で、紐の太さが不揃な上、積み方も失敗して表面が凸凹してしまったのですが、焼き上がりは今までのなかで一番気に入りました。今回、2種類の釉薬を斜めにクロスさせるように掛けることで、赤土の地の部分を残し、釉薬の重なり部分を含めて3色の色を出すことができました。義父に花瓶を見せたところ、ビアグラスと間違えられ、どんだけ飲むんですか~とやや消極的につっこんではみましたが、欲を言えば、もう少し高さがあったら満点だったかもしれません。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック