構造偽造の余波

今日は、昨日に引き続き、最高気温20度。天気も良く、ぽかぽかとあたたかいですね。
先週は住宅瑕疵担保履行法の講習会、昨日は管理建築士講習会となんだか講習会続きです。構造計算書偽造問題以降、簡単に言うと、これまで立場の弱かった建築主のみなさんを守るため、建築基準法や建築士法などの法改正が行われました。我々設計・監理者に対する罰則強化、定期講習会への参加義務、賠償責任保険への加入義務などかなりの負担を強いられますが致し方ないと考えています。但し、これだけで、建築の紛争予防になるのか疑問です。品確法では、施工業者に対して、構造躯体の10年間の瑕疵担保責任が義務付けられていますが、引渡後、明らかな瑕疵であっても工事業者が認めないことが多いからです。建築士法のなかで、「工事中、設計・監理者が設計図書通りに実施するよう工事業者に求めても従わない場合は、建築主にその旨を報告すること」とあります。それでも工事業者が工事をやり直さないケースが多いので、工事業者への罰則規定もしっかりと設けてほしいものです。
さて、先日、六本木ヒルズの『BALS Tokyo』でこんな封筒を見つけました。A4用紙を縦に半分に折りたたんで入れられるサイズです。めずらしかったので3色購入してしまいました。
画像

A4用紙が折りたたまずに入る、きれいな色の洋封筒も探しています。どなたか見つけたら教えて下さい!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック