サクラ、サク、サク

午後、郵便局に行くついでにお散歩してきました。今日は一日晴天ですが、風が強いので、咲いたばかりの桜が散らないかと心配です。アトリエの近くにある椿峰ニュータウンの桜は、このとおりまだ五分咲きです。通りの草花も序所に芽吹いて、さながらイングリッシュガーデンのようです。





久々に、椿峰のお気に入りのパン屋さん、『BAKERY ENGLAND ST.』に立ち寄り、明朝のパンを購入しました。前にもブログでご紹介しましたが、クロワッサンの皮がサクサクで美味しいの一言に尽きます。今回は(!)食べる前に写真に納めました。味だけでなく、目にも鮮やか。素敵なホームページもご覧ください。アンティークな家具とハーブなどの素朴な草花が置かれた店舗の様子や、パンの説明も分かりやすく載っていますよ。
『BAKERY ENGLAND ST.』のホームページはこちらです。→http://www.england-st.com/index.html



さて、てくてくと坂道を下りると(アトリエ周辺は坂だらけなのです)、大きな桜の幹から直接芽吹いた蕾を発見しました。所々に花も咲いています。我が家のパキラも5年ほど経ってから、根元近くの幹から芽吹いてきたのですが、なぜなんでしょう?・・・。

画像画像


満開のモクレンを見つけたので、ついつい寄り道。モクレンは古代植物と聞いたことがあるのですが、あの大振りで素朴な花や葉を見ると納得してしまいます。

画像


ようやくアトリエに到着しました。毎春、お隣さんの庭では桃の花が満開になります。折角なのでアトリエをバックに撮影しました。日本の住宅の外壁はベージュやオフホワイトがほとんどですが、黒のほうが、花や緑が映えると思いませんか?外観の色や素材選びは、好みや慣習ばかりでなく、敷地周辺の風景と一緒に考えたいものですね。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック