中国地方の建築を巡る旅 『広島の元祖お好み焼き』

9月12日から15日までの4日間、中国地方の建築を巡る旅をしてきました。当初の目的としては、「村野建築を見る旅」に参加することでしたが、その2日前から広島入りし、レンタカーを借りて広島の建築、翌日は出雲の建築を巡り、その晩は旅の目玉である菊竹清訓氏設計の『東光園』に宿泊してきました。建築写真も沢山撮影してきましたので、場所別に整理し、追々ご紹介したいと思います。出産後は、当分大好きな旅行もできなくなるので、安定期のこの時期に建築も旅も満喫しよう!と少々欲張ったスケジュールだったので、帰宅後は相当疲れ、長時間狭いバスに乗っていたためか、未だ左膝の痛みに悩まされています。
今回、広島を旅するにあたり、鹿田が小、中学校を過ごした広島の街で、昔ならではの広島風お好み焼きを食べることがもう一つの目的でありました。鹿田が当時住んでいた家の周辺を散策していたところ、鹿田が広島で初めて食べたお好み焼き屋さんを発見!早速、お店に入ってみることに。そこは、小学生の鹿田が通っていた当時さながらに、同じおばさんがお好み焼き屋を続けられていました。もう80歳になるそうですが、当時の話で盛り上がりつつ、手際よくお好み焼きが出来上がりました。この店では、生地をクレープ状に薄く敷き、キャベツをてんこ盛りにし、鉄の重りを載せて焼くのですが、焦げないかと心配になるほど鉄板の上でじっくり焼かれたお好み焼きは、キャベツの甘みが出て、ソースだけのシンプルな味付けで最高に美味しかったです。当時は、家の1階でお好み焼き屋をやっていた店が何件もあったそうですが今では数も減ったそうです。おばさん、子供が産まれたらまた食べに来ますので、これからも「元祖お好み焼き」頑張って焼いて下さいね!







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yoshida
2009年09月26日 14:07
先日からブログみてたら、??? やはりオメデタでしたか!
おめでとうございます。無事出産される事をお祈り申し上げます。
旅行楽しかったですか。東光園は去年の正月に泊まりました。
9月は誕生日を挟んで今年で6度目の北海道巡りをし、相変わらず仕事もせずに遊んでばかりおります。
よかったら覗いてチョーだい。http://designworks-arch.blogspot.com/
a.a.+H
2009年09月27日 10:50
北海道旅行のブログ拝見しました。大自然の写真がとても良いですね。私は当分、遠出できないので羨ましいです。

この記事へのトラックバック