磯崎新の建築 in 群馬

先週末、紅葉の秋ということで、群馬を旅行しました。万座プリンスホテルと嬬恋プリンスホテルに宿泊し、久々に温泉でのんびり過ごしました(万座温泉は最高!)。
旅の途中、久々に磯崎新氏の設計した群馬県立近代美術館とハラミュージアム・アークに立ち寄り、良い建築だなとあらためて感じました。
群馬県立近代美術館は1974年に建てられ、1998年に現代美術棟を増築(実は違和感がないので増築と気づかなかったです)、昨年、大改修が行われたそうで、外部・内部とも美しく保たれています。群馬の森公園の中にあるため、保育園児がどんぐりを拾ったり、親子連れが楽しそうにお弁当を食べたりしてました。建築の良さにも増して、写真撮影に配慮して下さる美術館員や訪れる人々の様子を見ていると、地元に根付いた「幸せな建築」の存在をここに見たような気がします。







ハラミュージアム・アークも、昨年、特別展示室、収蔵庫、学芸員事務室などが増築されましたが、新築当初のギャラリーA、B、Cの放射状プランが崩れてしまったのは少し残念です。「グリーン牧場」に隣接するロケーションの素晴らしさは、やはり、「気持ちい~」の一言に尽きます。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック