名店巡礼 『キッチン 南海』

ウィキペディアによれば、洋食とは、狭義では日本で独自に発展した西洋風の料理だそうです。
40歳を過ぎた私個人としては、ここ最近好きになった食のジャンルです。
そのきっかけとなった店が、この『キッチン南海』です。



その店は、神保町の駅近く、建築の古本を扱う明倫館という古書店近くにあります。
仕事の合間に寄ったその日も、私の前に10人を超える行列が出来ていました。
それでも、小気味良く料理するコック達の手際の良さのおかげで、すぐに入店できました。

私が好きなのは、しょうが焼きとフライのミックスセット。
この日のフライは、ひらめを選びました。
なんといっても味が抜群ですが、量もたまりません。
山盛りになった極細キャベツの千切りに、
フライ、しょうが焼き、スパゲッティが折り重なるように、ところ狭しと盛られています。



所沢市民の私にとって、神保町は少し遠い感じがしていたのですが、
いろいろ調べてみると、『キッチン南海』には暖簾分けの店があり、
しかも、所沢市民の足、西武新宿線沿いにも、幾つかの店舗かあることを知りました。
近いうちに訪れて見たいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック