リノベーションのための現地調査

高層マンションの一室をリノベーション中ですが、その現地再調査に行って来ました。




躯体や開口などは調査済でしたが、今回は、プランもほぼかたまったのを受け、
天井材や設備ダクトを吊る位置を最終確定するためです。



インサートが打ちこまれた天井は、オムニア版という半分がプレキャストコンクリートによる、
少々の穴は問題ない丈夫な構造体ですが、それでも、後施工の穴は最小限にしたいので、
改装後のプランを想定しながらの、少し大変な実測作業になりました。

今回のリノベーションは、確認申請が不要なかわりに、全国の先駆け的な高層マンションを、
今の市場でも負けない仕様にする工夫や、高層建築物特有の法規制への適合など、
いろいろな筋肉を使う、取り組み甲斐のある設計です。



デザインでは、黄色や赤の仕上げなど、これまで取り入れたことのない雰囲気づくりにも挑戦し、
私達も完成を大変心待ちにしている物件です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック