戸畔の家

新プロジェクト、『戸畔の家』をホームページにアップしました。
相模湖から続く小さな畔道を、戸(家)内を経由し、敷地奥の一段高い竹林まで延長して、家も敷地も畔道に絡め取られながら、新たな湖畔として広がる、そんな住宅をイメージしています。
性能面では、省エネルギー対策等級を4と設定し、熱伝導率の低いドイツの樹脂サッシを用いたり、部屋の用途によって外張断熱と充填断熱をうまく使い分けるなど、高気密・高断熱の設計を心掛けました。
また、構造設計は正木構造研究所が担当。おおらかな大屋根を支える部材をできるだけ繊細なデザインとするため、T字型の鉄骨の梁としたり、奥行きのある庇やキャンチの外部階段にも鉄骨を用いるなど、木造と鉄骨の良いところを生かした設計としました。
家の近くには、「神奈川県立 藤野芸術の家」や「ふじのアート・ヴィレッジ」といった施設があり、自然の中でアートが楽しめます。芸術の家の野外には、キャンプステーションがあり、テントが20も張れる広大なスペースに、炊事場(かまど9炉)、温水シャワー、水洗トイレが備え付けられています。私たちも以前、BBQで利用しましたが、とても快適でした。芸術の家には宿泊施設もあり、毎月、いろいろなイベントが盛りだくさんです。
『戸畔の家』にも大きな壁面があり、沢山の絵を飾る予定です。まさに、アートの街に建つアートの家です。
週末住宅ということで、バスタブもありませんが、「藤野やまなみ温泉」などの外湯も充実しているので、不自由というよりも、街を楽しんで暮らすといった、おおらかな生活スタイルが似合います。
詳しくは、『戸畔の家』の作品紹介ページでご覧ください。

http://aath.jp/project/714.html ←こちらをクリック

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック