ビルの空き室を格安DIYで活き活きとした空間に 最終回

所沢の新事務所をDIYでリノベーションしてきましたが、ブログの連載もいよいよ最終回です。
全てお読みいただいた皆様ありがとうございます。
さて最終回は窓がテーマ。

事務所の東側には、パソコンコーナーがあります。正面には横連窓があり、羽の角度で光のコントロールができるよう、横型ブラインドを設置することにしました。できるだけシンプルなものを探し、コスパの良いニトリの既製ブラインドに決めました。丈138センチのものが窓枠サイズにぴったりで、幅75センチと88センチタイプを組み合わせることにしました。



事務所の南側は、開口部からかなり日差しが入り込み、また、細い道を挟んですぐ近隣のビルが見えます。
窓に面した長いテーブルには、模型や表彰状などを並べるため、日焼けが心配です。なのでブラインドで常時塞ぐこととしました。
イケアのプリーツブラインドは、幅90センチ×丈190センチの商品価格が399円という安さ。取付け面に穴を開ける必要がなく、窓枠に接着するタイプなので現況復旧には最適です。また、幅も好みのサイズにカットして使えるのが◎。開けたいときは付属のクリップを使って、好きな位置でブラインドを固定することもできます。





DIYブログだというのに、今回は何も作らなかったの?という声が聞こえてきそう。
はい、今回も作りましたとも!
東側のパソコンコーナーの前面にOSBの余りで、目隠しルーバーを作って設置しました。これが、ただのルーバーではなく、植物も吊るしたり、好きな絵ハガキを飾ったりできる、なかなかの優れものです。名付けて「デコ・ルーバー」。イケアのフックは万能で、植物も吊るせて、CDも飾れます。今は、「ブラック・スター」を飾り、亡きディヴィッド・ボウイを偲んでいます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック