現地調査に行ってきました。

今日は、ある学校の現地調査に伺いました。
私事ですが、うちには小学1年生の娘がおり、小学校の和式トイレになかなか慣れなくて、初めは心配でした。
所沢市の学校は和式トイレがほとんどのようで、順次トイレ改修が行われているようです。
先日、PTA役員の選出で、トイレ掃除係というのがありましたが、ママ友達からも、トイレが汚い、臭い、特に体育館のトイレは入りたくないなど、学校のトイレの悩みは子どもだけではなく父兄にも及んでいます。
そもそも、昔のトイレは湿式といって、床に水を流して掃除をする方式で、一部についた汚れまで床全体に広げているようなもの。掃除しているのか、汚しているのか分からない状態です。
最近は、乾式といって、長尺シートなどで床を仕上げるのが、オフィスなどの主流ですが、男子の小便器の下だけは、昔から酸に強い御影などの汚垂石(おだれいし)が敷かれているように、今でも、リクシルのキラミックステップやTOTOのハイドロセラ・フロア のような抗菌・防汚・防臭機能を持つタイルを敷くことが多いです。
今回、トイレ改修の目的として臭い対策があるのですが、実際にトイレを現調した結果、原因は小便器ではないかと思います。明らかに女子トイレとは違うアンモニア臭がしました。特に、モザイクタイル仕上げの男子トイレの臭いが気になりました。普通のタイルと比較して目地が多いので、そこに染みついてしまった結果だと思います。
とりあえず、お借りした図面を事務所に持ち帰り、案を検討することになりました。
今後、学生さんたちが、休み時間にリフレッシュできるようなトイレをご提案したいと思います。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック