『MSCスプレンディダ』クルーズの旅 その6【洗濯】

『クルーズの旅を楽しむ』ためのポイントを、旅行本とは別の視点からまとめています。

10日間の旅で必要な衣類は、子供の分も入れると考えただけで膨大な量になりそうです!
限られたスーツケース、しかも帰りのお土産も増えるので出来るだけ厳選したいですよね。
でも、移動の多い旅行だと洗濯しても乾かせないし…。
そんな悩みはクルーズではノープロブレム!
10日間、同じキャビン、すなわちマイルームで過ごせるのですから✨
私は3日分の下着だけを持っていき、1日置きに手洗いする事にしました。
洗剤は日頃取っておいた小分けの試供品を利用。
洗面ボウルで手洗いし、手で絞って、一旦シャワーコーナーの物干しコードにぶら下げます。ここだと雫が垂れても大丈夫。
しばらく干し洗濯物を軽く絞り、雫が垂れ無くなったら、外のバルコニーに移動します。
今回、バルコニー付きのキャビンを選んで大正解でした。
まずお隣との隔て壁にニトリのシャツハンガーフックを引っ掛け、ハンガー、ピンチつきの角ハンガーを吊り下げます。このシャツハンガーフック、あるのと無いのでは大違い。ドアやタオル掛け、クロゼットの扉などなど、厚みや形状を問わず引っ掛けられる優れもので、物干し場に困りません。とてもコンパクトになるので、スーツケースの脇に忍ばせましょう!







今回は、お洗濯について色々な便利グッズを含めご紹介しました。
次回は、快適なサニタリー空間を実現する方法について。
引き続きお読み頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック