位置指定道路の申請

設計を担当させて頂きました道路ですが、この度、無事、位置指定の通知と公告を受けることが出来ました。
20190606_申請原図のコピー.jpg
大雨の中の完了検査や、多くの関係者との調整など、大変なこともありましたが、ひとまずほっとしております。

そんな仕事だったのですが、実は、最後に思わぬ苦戦を強いられた内容が、役所より要求された「和紙」での図面提出です。
長期保存の図面としては、個人的にはマイラー紙がお馴染なのですが、役所のご担当曰く、マイラーは経年でパリパリと割れてしまうとのこと。
ダウンロード.jpg
こうして「和紙」だけの情報を頼りに、A2版の和紙図面を準備することになりました。
まずは、紙探しですが、画材屋の世界堂本店なら、「製図用図引き和紙」なるものがあるらしく、カタログにも、長期保存ができインクジェット可能と記載あることから、恐らく間違いなく要求された紙だと確信。
正直、この紙を特定できた段階で、和紙図面作成は終わったつもりでいたので、夕方に役所にアポを取って、その前までに、紙の購入と印刷を済ませれば良いだろうと思っていました。
ところが、印刷屋を探すのに大苦戦。
印刷屋の多い新宿ならなんとかなるだろうと高をくくっていたのですが、チェーン展開する大手を含めた5店舗回って、全て対応不可。
猛烈な暑さとのダブルパンチで、もうフラフラ状態でした。
しかし、最後は意外にあっさりと、いつも使っている地元の印刷屋に持ち込み、失敗するかもしれないと言われながら一発で出力成功。
役所のアポをドタキャンした翌日、無事、和紙に印刷した図面を提出することが出来ました。

のど元過ぎればなんとかで、提出を終えた今は、和紙が多くの用紙を抑えて長期保存のために役所が指定する紙であることが、日本人として嬉しく思ったりもしています。
見た目は斑があったり透けてたり、頼りないともいえる手触りですが、確かに上部そうな紙でした。








0

この記事へのコメント