キンモクセイ

久々にブログを書いています。自分で作成した実施設計スケジュールに縛られ、追われる日々が続いておりますが、今週はなんとかノルマ達成できそうです。先日、新谷眞人先生の事務所のOBお二人にW邸の構造設計をしていただくことが決まり、安心しました。
さて、9月末で3か月間の陶芸教室もおわり。教室に通いはじめて半年経過しました。ご飯茶わんが2つ、小鉢1つ、湯呑3つが完成し、丼ぶりは本焼き待ちで、花瓶は削りの途中、コーヒーカップ3つは取っ手がまだついておりません。だんだん作るのが面白くなっているので、もう少し続けていきたいですが、どうかなぁ・・・。



今週、雨の乾きはじめの匂いに混じってキンモクセイの香りがして、もう秋になるんだなと思いました。キンモクセイは、私の好きな花(木)です。我が家の敷地の南西角にも高さ5mほどの巨大なキンモクセイがあるのですが(2年前剪定したがさらに成長)、風水では、西側にキンモクセイを植えると、金運よりももっと大きな運を示す財運を呼ぶそうです(でも、今年買ったリートは下がりっぱなしなんだけど)。また、キンモクセイは強力な樹気力を持っているので、腐敗気を吸い込み悪鬼を浄化してくれるそうで、良い事づくし?と思ったら、清家清さんの著『家相の科学』によると、裏鬼門には大きくなる木を植えるのは凶とあります。昔の住まいの条件からすると、通風、採光を妨げるのはよくないということらしく、現在の家では問題ないと思われますが、樹木の影が家にかからない程度の高さがベスト。また剪定しますか。。。

"キンモクセイ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント