テーマ:似顔絵

寅さん全部見るのも結構つらいよ_その9

今日は9作目の寅さん、「男はつらいよ」(柴又慕情)のレポートです。 本作では、いよいよというか、吉永小百合さんが登場します。 吉永小百合さん 栗原小巻さんに続き、やはり「美人はデッザンになる」の法則でした。 最近、市川崑監督の「細雪」で見た吉永さんも綺麗でしたが、若さがみなぎる今回の吉永さんも良いです。 気のせい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寅さん全部見るのも結構つらいよ_その7

今回は、「男はつらいよ」(奮闘篇)、第7作目の寅さんレポートです。 本作での注目は、第1作目のヒロイン(光本幸子さん)や第二作目に登場した寅さんの生みの親(ミヤコ蝶々さん)が登場したり、会話の中のことではありますが、以前のマドンナが登場したりと、これまでの流れを総括したような側面があることです。 ストーリーも結構凄くて、マドンナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寅さん全部見るのも結構つらいよ_その6

今日は「男はつらいよ」(純情編)、第6作目の寅さんレポートです。 マドンナとの恋の切なさや、古き良き地方の描写などについては、「まあ、いつもの寅さんかな~」というのが、正直な感想といったところですが、若き日の森繁久彌さんを堪能できたことが、個人的な収穫です。 私の世代にとって森繁さんは、超がつく大物俳優であることを、周囲の彼への…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寅さん全部見るのも結構つらいよ_その5

今日は「男はつらいよ」(望郷編)、第5作目の寅さんレポートです。 本作では、マドンナとの出会い方が印象的です。 真面目に働こうとするものの職場が見つからず、いじけて柴又の渡し船で昼寝する寅さん。寝ているうちに船が流されてしまいます。 寅さんが眠る渡し船が流されたルート予想図 江戸川下流の浦安で、寅さんが豆腐屋にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寅さん全部見るのも結構つらいよ_その8

今回は、第8作目の「男はつらいよ」(寅次郎恋歌)のレポートです。 はじめに、「おいちゃん」(森川信さん)、本当にありがとう。どうぞごゆっくりお休み下さい。本作が初代おいちゃんの遺作となりました。それはもう44年前のことですが、寅さんへのあの愛情溢れる雑言をもう見れないと思うと本当に残念で仕方ありません。 おいちゃん(森川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寅さん全部見るのも結構つらいよ_その4

「男はつらいよ」レポートの第4回は、「新 男はつらいよ」です。 ちなみに、タイトルに「続」とか「新」が付くのはこの4作目までのようです。 物語は、競馬で大穴を当てた寅さんが、名古屋からタクシーに乗って柴又まで帰って来るシーンから始まります。 そして、その金額が29,000円。気になって今の金額を検索してみるとおよそ120,00…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寅さん全部見るのも結構つらいよ_その3

今回の「男はつらいよ」レポートは第3作目、「男はつらいよ フーテンの寅」。 監督は山田洋次さんではなく、森崎東(もりさきあずま)監督です。山田監督が東大なら、森崎監督は京大法学部。 監督の世界で生きてゆくのも結構つらそうですね。 内容はと言えば、私の笑いの壺は山田監督に反応するらしく、本作では、ふき出してしまうような笑いの部分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寅さん全部見るのも結構つらいよ_その2

前回に続いて寅さんレポート。今回はシリーズ2作目の「続・男はつらいよ」についてです。 見所はなんと言っても、寅さん「生みの親」の登場です。 その母親役をミヤコ蝶々さんが演じますが、観終わった今としては、蝶々さん以外に寅さんの母親はあり得ないような気にさせるハマり役でした。 寅さんのお母さんを演じるミヤコ蝶々さん  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寅さん全部見るのも結構つらいよ_その1

「男はつらいよ」を全部見たくなりました。どうせ見るならアーカイブがしたい。 ということで、作品が多くて結構つらそうですが、改めて寅さんを見直し、それを順次レポートしたいと思います。 第1回目となる今回は、勿論、映画版の1作目「男はつらいよ」。連作となることを意識していなかったせいか、サブタイトルは付いていません。上映は1969年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザハの建築

建築家ザハ(Zaha Hadid)の名が、新国立競技場を通して広く日本で知られるようになりました。 建築家 ザハ・ハディド でも残念なのは、その名に少なからず悪い印象もついてしまったことです。 新国立については、様々な水準の問題がごちゃ混ぜになり、それ自体も疑問に思いますが、ザハの建築までが不当に低い評価をされるのを見聞き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more