テーマ:旅行

『MSCスプレンディダ』クルーズの旅 最終回【ネット環境】

『クルーズの旅を楽しむ』ためのポイントを、旅行本とは別の視点から連載してまいりましたが、今日が最終回となります。 最終回は、もはや人類はこれがないと成り立たない⁈ 船上でのネット環境について書きます。 船上ではサテライト(衛星)インターネットアクセス・システムに接続することで、スマートフォン、タブレット、ノートパソコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSCスプレンディダ』クルーズの旅 その13【記念撮影】

『クルーズの旅を楽しむ』ためのポイントを、旅行本とは別の視点からまとめています。 前回、ドレスコードについて書きました。 せっかくドレスアップしたのですから、記念に写真を撮りたいですよね! 船内にはそうしたお客様向けに、プロのカメラマンさんが撮影してくれるフォトショップがあります。 実際には、半強制的に?乗船時の記念撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSCスプレンディダ』クルーズの旅 その12【ドレスコード】

『クルーズの旅を楽しむ』ためのポイントを、旅行本とは別の視点からまとめています。 今回はドレスコードについて書きます。 そもそも、ドレスコードって何?服装の基準も分からないので、出発前、色々調べてみました。 クルーズでは、船内新聞(ブログ『MSCスプレンディダ』クルーズの旅 その8で紹介してます)に「ドレスコードあり」と記載さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSCスプレンディダ』クルーズの旅 その11【雨対策】

『クルーズの旅を楽しむ』ためのポイントを、旅行本とは別の視点からまとめています。 実は今回、出発日が雨になってしまいました。予報は曇り時々雨。朝は降っていなかったので、荷物を減らすため傘は持たずに横浜の港までやってきました。 あらかじめ指定された時刻にバス乗り場まで行けば、直ぐにバスに乗れて、チェックインできると思っていたのが甘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSCスプレンディダ』クルーズの旅 その10【ファミリー向けキャビン】

『クルーズの旅を楽しむ』ためのポイントを、旅行本とは別の視点からまとめています。 今回は、家族3人と私の妹の計4人で参加しました。 キャビンは基本ツインなので夫婦用と妹と子供用に分けることに。 子供が小さいため旅行会社には隣同士の部屋をリクエスト。 後日、部屋番号のお知らせが届いてビックリ‼ クルーズフロアマッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSCスプレンディダ』クルーズの旅 その9【オプショナルツアー】

『クルーズの旅を楽しむ』ためのポイントを、旅行本とは別の視点からまとめています。 クルーズの寄港地では、様々なオプショナルツアーがあります。 旅行前から予約できますが、人気のツアーは既に満員御礼ということも多いです。 でも実際は、旅行が始まってから、船内のツアーカウンターで前日まで予約することもできるんです。 また、前日の予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSCスプレンディダ』クルーズの旅 その8【船内新聞】

『クルーズの旅を楽しむ』ためのポイントを、旅行本とは別の視点からまとめています。 毎日夕方には船内新聞がキャビンに届きます。 新聞には明日のレストランやビュッフェのオープン時刻や、ドレスコード、数々のアクティビティ、寄港地の到着・出発時刻、日の出・日の入時刻などの情報が記載されています。 時には、ジェラート10%オフや船長との…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSCスプレンディダ』クルーズの旅 その7【サニタリー空間】

『クルーズの旅を楽しむ』ためのポイントを、旅行本とは別の視点からまとめています。 キャビンの洗面室に便器とシャワールームがあります。 便器は外国製のもので座面が非常に高いです。 大人でも床に足がつかない⁈くらいで、お子様は踏み台が必須です。 もちろん温水便座など付いてません。 便座はとても冷たくて、間違って便器…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSCスプレンディダ』クルーズの旅 その6【洗濯】

『クルーズの旅を楽しむ』ためのポイントを、旅行本とは別の視点からまとめています。 10日間の旅で必要な衣類は、子供の分も入れると考えただけで膨大な量になりそうです! 限られたスーツケース、しかも帰りのお土産も増えるので出来るだけ厳選したいですよね。 でも、移動の多い旅行だと洗濯しても乾かせないし…。 そんな悩みはクルーズでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSCスプレンディダ』クルーズの旅 その5【食事】

『クルーズの旅を楽しむ』ためのポイントを、旅行本とは別の視点からまとめています。 クルーズでは、食事は全て旅行代金に含まれていて、朝食はビュッフェ、ランチはビュッフェもしくは指定のレストラン、夕食もレストランでいただきます。 ビュッフェは朝6時から20時間開店しており、メニューは11時から全てランチ用に入れ替わります。ランチでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSCスプレンディダ』クルーズの旅 その4【浮き輪】

『クルーズの旅を楽しむ』ためのポイントを、旅行本とは別の視点からまとめています。 今回は、『浮き輪』です。 船内アクテビティの目玉として、屋内と屋外プール、子供用プールがあります。 屋内、屋外プールは親子でかなり賑わいます。 このプール、海水で、水温は22度(結構冷たく感じる)、そして、なんと水深2m程! はっきり言って子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSCスプレンディダ』クルーズの旅 その3【用途別シューズ】

『クルーズの旅を楽しむ』ためのポイントを、旅行本とは別の視点からまとめています。 今回は【用途別シューズ】について。 海外旅行では、歩きやすいスニーカーがあればOKですが、クルーズでは様々なアクティビティを楽しむ為、最低でも以下の4足があると便利です。 ・外履きの歩きやすいスニーカー ・ビーチ草履(ク○ックスの方がまぁま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSCスプレンディダ』クルーズの旅 その2【クルーズカード】

『クルーズの旅を楽しむ』ためのポイントを、旅行本とは別の視点からまとめています。 前回は【手荷物】について、色々書かせていただきました。 今日は、クルーズ旅行に無くてはならない、【クルーズカード】について、ご説明します! 船のチェックインの際、パスポートと証明写真の撮影後、『クルーズカード』が手渡されます。 パスポートは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『MSCスプレンディダ』クルーズの旅 その1【手荷物】

今年のGWは10連休でしたね。 皆さんはどのように過ごしましたか? 今回私たちは、はじめて子連れ海外旅行を企画。そうなると色々と心配事が浮上してきます。子供が初の海外で安全に楽しく過ごせ、かつ、親もリラックスできる旅行はないものか。あれこれとウェブサイトをチェックし検討した結果「クルーズの旅」が候補に挙がりました。 『MSCスプレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザハの建築

建築家ザハ(Zaha Hadid)の名が、新国立競技場を通して広く日本で知られるようになりました。 建築家 ザハ・ハディド でも残念なのは、その名に少なからず悪い印象もついてしまったことです。 新国立については、様々な水準の問題がごちゃ混ぜになり、それ自体も疑問に思いますが、ザハの建築までが不当に低い評価をされるのを見聞き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界一のプラネタリウム

夏休みに、兵庫県姫路市にある姫路市宿泊型児童館『星の子館(ほしのこやかた)』という施設に宿泊しました。安藤忠雄氏の設計で、自然環境に恵まれた桜山公園内にあり、さらに天文台を備えた素晴らしい施設です。 夜には天体観望会が開かれ、参加することにしました。天の川を挟んで織姫星の「ベガ」と彦星の「アルタイル」、そして白鳥座の星「デネブ」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

磯崎新_大分医師会館

掃除中に懐かしい写真を見つけました。 磯崎さんによる大分医師会館と大分県立図書館です。 大分医師会館と大分県立図書館 前者は、解体され今は存在しません。 後者はアートプラザとして再生されていますが、 特異な造形で存在感を放っていた立体的なアプローチ空間はスロープに変わり、 写真のように、当初の状態で見学できたことが今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築視察_水 / ガラス

隈研吾さんの水/ガラスを往訪しました。 水/ガラス_隈研吾 もう20年以上前の話ですが、バイトとして隈事務所に出入りしていた頃の作品で、 当時、立面図の色付けや、階段のアクソメ図を手書きでお手伝いさせて頂いた懐かしい作品です。 後に完成した水/ガラスを雑誌で見ることになるのですが、 図面では全く想像出来なかった今ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築探訪 立川市役所

立川市役所に建築視察のため伺いました。 吹抜けに面する廊下 この建物は2010年竣工で、その環境配慮技術や一階床下での中間免振など、見どころはいろいろと認識していましたが、私達としては、コンクリートやその構造形式の力強く実直な表現に魅力を感じ、実際に見てみたいと思っていました。 地下一階の柱(梁下免振層) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

材料検査(植栽)

監理中の物件で、植栽検査に行ってきました。 当日は雲一つない晴天で、筑波山を望む見晴らしの良い植栽畑での検査ということもあり、とても気持ちの良い仕事になりました。 日本とは思えない素晴らしい風景(ここは茨木です) 建物の設計も、色や形だけでなく、機能性や施工性、コスト的側面など、多方面からのチェックが必要ですが、植物も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美術館を巡る旅

今年の夏休み、初めて伊勢神宮に参りました。その後、幾つか美術館を巡りましたので、今日は2つの美術館をご紹介したいと思います。 ひとつめは、藤森照信さんの設計で浜松市にある秋野 不矩(あきの ふく)さんの美術館。 浜松と言えば、最近は餃子で有名。道すがら行列のできる餃子屋さんを2件発見しましたが、どちらも駐車場に停められないほど混んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グーグル建築探訪(その2_キーエンス本社ビル)

グーグル建築探訪(その2_キーエンス本社ビル)  本日は、キーエンス本社ビルをグーグル建築探訪しようと思います。 およそ20年前の建物ですが、昨日竣工したビルだと言っても全く違和感のない瑞々しさを保っています。 まず、圧巻なのは高さ20mのピロティーです。周囲に与える質感が、普通の超高層とは全く違っています。ビルの下から、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グーグル建築探訪(その1_NTT横須賀研究開発センター)

グーグル建築探訪(その1) 今日は、ディテール36号(1973.4)に掲載された、NTT横須賀研究開発センター(横須賀電気通信研究所)をグーグル建築探訪しようと思います。実に40年前の建物です。 ディテール36号(1973.4)より 当時の図面を見ると、階高さ4.7m、フトコロ350mmの全面OA床、日射抑制のため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・ハピネス・イヤー

夏休み中の娘は、東京ディズニーリゾートの攻略本を片時も離さず「私、スペース・マウンテンとビックサンダー・マウンテンとスプラッシュ・マウンテンもう乗れるよね?」と繰り返し確認してきます。これらスリル系のアトラクションは、身長制限があるので、そのたび娘の身長を測り「あとちょっと足りないから乗れないよ」と言うと、ワーンと泣き出す始末。 今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青森ねぶた祭り

先週末、早目のお盆休みを頂き、初めて青森のねぶた祭りを見に行ってきました。 長年、見たいと願っていたのですが、祭まで1ヵ月を切ったこの時期、幸運にも宿が確保できたため、何はさておき、車で8時間かけて青森まで行ってきました。 その日は、十和田市現代美術館を訪れ、奥入瀬渓流のそばの宿に泊まり、翌日、酸ケ湯の混浴風呂!に初めて入り、青森県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お休みのお知らせ

暑中お見舞い申し上げます。 いつも、ああす設計室のブログをお読み頂き、誠にありがとうございます。 ああす設計室は、8月3日(土)~8月5日(月)の間、お休みを頂きます。 というのも、念願の「青森ねぶた祭」に行くことが急きょ決まったからなのです。 お昼は、 西沢立衛さんの設計した十和田市現代美術館、青木淳さんの設計した青森県立美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名店巡礼 『白龍(ぱいろん)』

岩手に行ったときの話です。 通りかかった古本屋で、当地出身の宮沢賢治の本を買ったついでに、 店主に、どこか旨い店はないかと尋ねました。 その店主曰く、昼には行列ができ、しかも「じゃじゃ麺」発祥の店が近くあるとのこと。 わんこそば・冷麺と共に、岩手三大麺と呼ばれるじゃじゃ麺のルーツとあれば、 行かないわけにはいきません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャン・ヌーベルのホテルサンジェームス

ジャン・ヌーベルはかつて、ジャン・ボードリヤールとの対談において以下のように言いました。 「建物は水平線と観察者の間にあるのではなくて、水平線に書き込まれているとしたら?」 この難解とも言える言葉を実現したかのような彼のプロジェクト「新凱旋門コンペ案」があります。 ジャン・ヌーベル 新凱旋門コンペ案 逆光によりシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

磯崎新の建築 in 群馬

先週末、紅葉の秋ということで、群馬を旅行しました。万座プリンスホテルと嬬恋プリンスホテルに宿泊し、久々に温泉でのんびり過ごしました(万座温泉は最高!)。 旅の途中、久々に磯崎新氏の設計した群馬県立近代美術館とハラミュージアム・アークに立ち寄り、良い建築だなとあらためて感じました。 群馬県立近代美術館は1974年に建てられ、1998年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脇田アトリエ山荘

昨晩から台風18号が関東を直撃し大雨と強風でどうなることかと思いましたが、徐々に空には晴間も見えはじめ、たまった洗濯物が干せるぞー!と朝から意気込んでおります。 さて、秋の行楽シーズンということで、台風も去り天気にも恵まれそうなこの3連休、皆さんの予定はいかがですか? 昨年の丁度今頃、脇田美術館で開催される『建築ワークショップ Vo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more